お金をかけずに英語を学ぶ方法 

    Twitterでお金をかけずに英を語学ぶにはどうしたらよいか?という質問を頂くことが多いので、以下思い付く方法をまとめてみます。

    1.NHKの語学講座を活用する


    「ええ、NHK?!」とか侮ってはなりません。

    日本において最も安く効果的に語学を身につけることができる最良の手段の一つです。

    (注)ちなみに筆者はNHKの回し者ではありません。

    NHKの語学講座の良い点。

    まず激安な点。必要なのは教科書代(360円)と、ラジオ聞く電気代と、広告の裏とペンとメモ帳。多分一ヶ月のコストは500円行かないぐらい。吉野屋で牛丼食べるの1回我慢すればOKな値段。

    次、通学しなくて良く自分の都合にあわせて勉強できること。社会人だと忙しいので通学は無理という人もいるけどもこれならOK。

    さらに質が素晴らしい。企画設計も講義もNHKの審査を通った一流の先生方。語学専門の方々が教えているし、発音もとても綺麗。それなのに無償で受講できるわけです。ありがとうNHK様。

    その辺の民間の英会話学校は、母国で語学を一度も教えたことがない素人ネイティブや、英語がちょっとわかるだけの日本人が教えていたりします。教える人も素人なら、講座の内容も素人です。言語学をみっちりやったような人はいません。英会話の練習なんて茶飲み話しレベルです。しかし一時間5000円とか3000円ですから、NHKのコスパは際立っています。

    教科書の質も侮ってはいけません。執筆者はNHKの審査を通った一流の先生ばかり。きちんとした校正を経ているので、内容が正しい。本屋で売ってる英語テキストや参考書には実は結構間違った内容のものが多いのです。素晴らしい内容なのにたった400円程度です。



    次に勉強方法です。

    まず、放送がある日は毎日放送を聞き、放送を録音しておく。ライブで放送を聞くことができない場合はタイマーで録音したり、後からストリーミングで聞いてもOK。教科書は事前に読んでおき放送を聞きながら注意点などメモ。そして単語や英文をすべて暗記する。

    放送終了後(できたら放送と同じ日)に例文の部分を聞いて、内容を書き取り、教科書と照らし合わせて答え合わせ。間違いはその場で覚えてしまう。間違いはメモか何かに書いておいて電車の中で覚えたりしても良いです。

    放送は大体20分なので、書き取りの時間を加えても大体30分。週5回30分を繰り返すと、一週間で150分。一ヶ月で600分=10時間程度。継続は力なりなんだけども、これを数ヶ月繰り返すとかなりの量の単語や例文を覚えることが可能になります。

    ちなみに、これは筆者が高校生の時通っていた英会話で、英語堪能だった会計士の方に教えてもらった方法。高校3年間これを継続したので、TOEFLを受ける時も留学した時も物凄く楽でした。



    番組は色々ありますが、日本で大学に在学中、もしくは大学を卒業した社会人の方には、「実践ビジネス英語」がお勧めです。

    講師の杉田敏先生が実際ビジネスの現場にいた方なので、実務で役に立つ表現が頻出。杉田先生のお声も素晴らしくとても聞き取りやすいです。

    ちなみに、平行して、杉田敏先生がお書きになっている参考書で自習するのもありです。以下がかなりお勧めです。



    2.無償の英文をいろいろ読んでみる

    日本は世界最高の通信環境を持った恵まれたお国。普通の人なら家からガンガンネットが使えるわけですが、今やネットを使えば一流の英文をガンガン読むことができるわけです。しかも無償で。

    ビジネス系でお勧めなのはThe Times, The Economist, Financia Times, New York Times, Washington Postなどの新聞。有料じゃないと読めないものもあるけども、日本の新聞と比べたら内容充実しているし安いしで、有償でも読む価値あり。毎日毎日読めば英語力もつくし、海外情報にも詳しくなるのでグー。



    海外の中央政府が出している白書や研究を読んでみるのもありです。なんで政府の?と思うかもしれませんが、政府の文章は無償公開されている上に、不特定多数の人でも分かるように、分かりやすい英語でかかれているので、とても読みやすいのです。どの程度の単語数を使うか、どんな公正にするかというライティングガイドがあり、それにそって、中学2年生程度の学力で読みこなせるように書いてあります。(これをシンプルイングリッシュと呼びます)

    そして書いてる人は、外注の大学の研究者やシンクタンクの人だったりするので、構成や内容は実は深いです。シンプルに書くには内容を徹底的に理解していないと無理ですので、こういう専門家が書くわけです。

    お勧めは、英国通信庁(筆者は仕事上通信関係文書を読むことが多いんですが)米国会計監査院(色々な文書が出ている)、さらに各国の防衛省(マニアックな話題に詳しくなりますよ)等々。

    グーグルで検索をかけて色々な学術論文読むのもありです。無料で出ているもの結構あります。学生さんならこれをガンガン読んでみる。難しいけどなれれば平気。自分の専攻分野だと何本か読むと「おお、こういう書き方なのか」と大体読むコツがわかるわけです。

    IT系ならベンダのだしているマニュアルなんか沢山読んでみるのも面白いです。大体無料。内容もあまり難しくありません。

    英語の読む力をつけるには大量に読むしかないわけですが、仕事とか留学で英語読みたいなら、自分の分野に直結した物を読むのが早いです。小説は時間の無駄です。

    3.大学の公開講座を使ってみる

    英語を無償で学ぶのに、Opencoursewareを活用しない手はありません。これは大学の講義を無償で公開してしまうというかなり大胆な試みで、米国のMITが元祖。最近は日本の大学もちょぼちょぼ参加。この活動で公開されているシラバスや教材を読みながら自習すれば、わざわざ留学しなくても相当高度な英語&教育内容に接触することができるわけです。しかも無償。なんとありがたいことでしょう・・・・

    参加大学はこちら
    オープンコースウェアコンソーシアム

    4.英語圏の人とオンラインで交流

    日本の漫画やアニメの人気で「うへぇ日本人と交流したいぜ!」という方々が世界中には山のようにおります。元々日本に興味がある方々なので、つたない英語であっても気長にボイスチャットなりメール交換なりに付き合ってくださるありがたい方々です。

    その様な人々をどこで探せばよいか?ネットを使えば案外簡単にみつかります。みつかったらメルアドを交換するなり、Skypeのアドレスを交換するなりして、ボイスチャットしたりメール交換でもやれば、アウトプットの訓練が可能になるというわけです。

    以下は日本好きな英語圏の人を探すのに便利なサイトです。

    メトロポリス
    Japan Guide
    Japan Zone

    あとはFacebookに集っている日本好きの人とでも友達になるのもありでしょう



    日本好きの外国の方はアニヲタが多いので、流行のアニメネタなど英語で説明できるようにしておきましょう。



    5.英語圏の人とリアルに交流

    都内近郊の人なら週末六本木あたりに繰り出して、その辺の外国人の方に話しかけてみるというももありです。週末のパブやバーならみんな気分が開放的ですから、会話もしやすかったりします。神奈川とか沖縄の人なら米軍基地でバイトという飛び道具もあります。お金のある社会人ならフィリピンパブに通いフィリピンの方と英語で交流という方法もあります。

    外資系企業にバイトとして入って、仕事場で英語を学ぶという方法もあります。若干ハードルが高めですが、英語ができないと仕事にならなかったりしますので、学ばざる得ないという状況に自分を追い込む荒療治です。

    6.Youtubeで英語圏の公演や講義、テレビを見まくる

    ありがたい世の中になった物で、Youtubeには英語圏の無償の動画が大量にアップされています。ニュース、企業の偉い人のスピーチ、ホームビデオ等々雑多な動画を見まくることで自然に耳が慣れていきます。流しっぱなしにするのもあり。

    ちなみに英語の「インプット」(頭の中に入れる)はある程度は無償で自習できるわけですが、アウトプット、特に書きに関しては、自分が書いた物を、大学なり記者なり「書く仕事」をしているネイティブに添削してもらうのが一番早いです。

    スポンサーサイト

    【月々たったの325円】Amazonの動画見放題を英語の勉強に活用する方法


    Amazonプライム会員になると、わりと新し目の映画やアニメが見放題になります。Kindle Fireを持っている位場合は、外付けのSDカードにもダウンロードしまくってローカルで見ることができるので私は大活用中です!

    Amazonプライムの年会費は3900円なので、月々325円で動画が見放題です。

    さらにプライム会員になると、お急ぎ便や配送日時指定が無料、FireやKindleが割引になる(Fireだと4000円OFF)、Kindleを持っていると電子本が毎月一冊無料、Amazonパントリーで洗剤や食料品を買えるので便利、Prime Musicで100万曲聴き放題(音質良い、メタル充実)、Prime Photoに写真保存し放題、という利点があります。日本は年会費がアメリカやイギリスの半額以下なので超お得です。




    英語圏の映画やドラマも月々たったの325円で見放題ですから、英語を勉強している方は活用するべきです。Youtubeだとカンファレンスなどの動画は上がっていますが、映画はありませんし、DVD買うのも面倒です。Fireに落としておけば、通勤中にも見ることができるので便利です。

    以下は推奨する勉強方法です。私は昔はテレビで放送されていた英語圏の映画や、ビデオテープ(古い?)に録画して勉強に活用していました。(ただ映画やドラマは趣味ですので、勉強というよりも遊びの延長でありましたが。。。)

    1. まず字幕付きで何回か見ます

    2. つぎに字幕なしでみて、気に入っている場面やセリフを書き取ります

    3. スクリーンプレイシリーズが出ている作品、英語字幕がある作品の場合は書き取りの答え合わせをします

    4. 間違えた所を何回も書いて覚えます

    5. 気に入った場面のセリフの間合い、抑揚、リズムをしっかり覚えて、モノマネする感覚で真似っ子してみます。人物のジェスチャーや目線も重要です

    6. 映画の時代背景、文化的背景をネットや書籍で調べ、作品に関する理解を高めます


    次週課題例:

    「国王のスピーチ」
    ・ジョージ6世が即位しなければならなかった理由
    ・イギリスにおける王室と政治の関係、日本の天皇との違い
    ・当時の英独の関係、英独の経済力の違い

    「トップガン」
    ・冷戦時の米ソの関係
    ・映画に登場するミリタリー用語
    ・1980年代にアメリカ政府が映画作成を支援していた背景や元になった政治理論

    「ロッキー」
    ・1970年代アメリカにおけるイタリア系とアフリカ系の状況
    ・アメリカにおける人種的少数派の関係
    ・ロッキーが住んでいたフィラデルフィアの経済状況

    以下オススメ映画の例です。若干古い作品が多いと思われるかもしれませんが、古い映画だと今のものよりも英語がゆっくりで聞き取りやすいので、初心者〜中級者の方が学習のために見るのには向いています。なお「スクリーンプレイシリーズ」とは、映画の脚本を書籍化したものです。日本では版権の処理をやってくれる出版社があります。便利ですね。英語圏では売ってないんです。



    コリン・ファースがいつも通りの演技で、吃りがなおらず、あがり症の王様を演じています。イギリス映画ですので、登場人物が話す英語は上品かつ聞き取りやすい英語なのでお手本に最適です。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    原作を読んでいると理解が深まりますが、原作が英語の名作ですのでセリフが美しいです。役者はイギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランドなど様々な国出身です。



    007シリーズの中でもバカ映画度が高く、1960年代の日本の風景も楽しい一作。英語は今よりもゆっくりで聞き取りやすいのも良しです。丹波哲郎先生の英語は吹き替えです。



    登場人物達は、科学者という設定ですので、英語はニューヨークのインテリの話す英語です。登場するユーモアにもアメリカ東海岸風のひねりが多いのにも注意しましょう。



    公開当時はCMを映画にしただけだと散々悪口を言われましたが、今見ても画像が美しい作品。コスプレ、腐女子要素満載です。セリフが異様に簡単かつ単純なお話なので、中学一年生程度の英語力でも理解可能です。制作ドキュメンタリーも一緒に見ると面白いです。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    聞き取りの難しい映画ですが、アメリカ東部の庶民の英語です。時代背景や社会背景も学んで下さい。



    戦争ものベスト3に入ります。臨場感のあるセリフが多く聞き取りの練習になります。



    こちらも戦争映画ベスト3に入ります。映画自体も面白いですが、英語の滑舌がはっきりしており、勉強に向いている作品です。ドイツ兵が話すのはイギリス英語です。



    エディー・マーフィーの話芸を聞き取ってみましょう。自虐芸、今だと危なすぎて放送できないネタが満載です。



    フォレストの体験を通して、アメリカ近代史を学べます。ベトナム戦争、ヒッピー、エイズ、卓球外交、マラソン、児童虐待、シングルマザー、アメリカを構成してきた様々な要素が絡み合います。サウンドトラックにも注目しましょう。



    ジャック・ニコルソンの英語に注目して下さい。大人の話す英語を学べます。



    アメリカの格差社会の背景、うらびれた基地周辺の街、人生とは何か。考えさせられる作品です。



    英語の勉強は楽しくなけりゃいけません。この映画、 危ないネタ山盛りのおバカ映画で大笑いできますが、差別ギャグ、病気ギャグ、ユダヤ人ギャグなどが豊富に出てくるので勉強になる上に、アメリカ文化や地理を学ぶのに良い作品です。



    マッドマックスが制作されたのはオーストラリアです。俳優やエキストラもオーストラリア人なので、オーストラリア訛り全開です。アメリカ映画やイギリス映画と比べてみて下さい。



    歴史に残る名作ですが、昔の作品なので英語の歯切れがよく聞き取りやすいです。セリフも洒落てます。セリフは書き取って覚えると良いでしょう。



    昔の映画とは思えない楽しい作品。オードリー・ヘップバーンの英語も、グレゴリー・ペックの英語も大変上品です。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    主要キャラたちの話英語は、アクセントのマイルドなインド英語です。教育を受けているインド人達はこんな英語を話します。ストーリーも面白いです。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    主人公の家族達のキプロス移民の英語、彼氏の東部のインテリ白人層の英語の違いも面白いのですが、アメリカにおける移民社会、一世と二世の確執、少数派としての悩み、主流派とどう交じるか、アイデンティティの確保なども興味深いです。



    イーストウドの英語は真似したくなりますね。アメリカにおける底辺層、宗教倫理と生命についても考えさせられます。



    昔の作品なので英語が分かりやすいです。ビビアン・リーはイギリス人役者です。南部の上流階級の英語、奴隷の英語、兵士の英語、様々な英語が使われています。





    プライム会員の方はKindle Fireがクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFFです。実質4980円と激安です!我が家にもありますが、手持ちにぴったりなサイズで読書には最適。映画のダンロードが高速ですし、外付けのSDカードにも保存できるのが助かります。(iPadはできないのが痛い!)子供向けのアプリや動画も豊富ですので子守にも最適です。(超活用中)ちょっとしたウェブのブラウジングとか調べ物、メールならこれあればPCいりません。プライムビデオは懐かしの邦画やアニメがあるのも気に入ってます。英語圏だとマニアックなドキュメンタリーがあったりするのもグー。

    故障と浸水保証が別売りで激安なのも気に入ってます。(こんな安いプラン他社ではなし)充電に時間がかかるのでアンカーの急速充電器必須です。SDカードは壊れる可能性もあるので、若干容量小さめのにしてます。カバーはこの子供用のがすこぶる便利です。我が家は息子用に買いましたが、便利なため大人用にも購入。スタンドがついてて立てるのが楽。しかも持ち運び便利。手触りもいいですよ。








    【英語リスニング】MITのコンピューターセキュリティの講義

    メルマガと書籍だと英語動画を共有するのが難しいので、ブログの方にアップします。



    これはMITのMIT 6.858: Computer Systems Securityという講義の初回です。コース番号からわかるように、受講対象は学部4年生もしくは修士の学生です。専門性の高い分野ですが、英語で聞いてみると素人にもわかりやすいのでびっくりします。セキュリティの概要が体系化されているとても良い講義なので、IT業界の方の自習用にもお薦めです。

    聞き取りのポイント:

    1. 授業がどのように運営されるか?
    2. コンピューターセキュリティの前提
    3. バッドガイはネット店舗から何かを買おうとするお客さんからどうやって情報を盗むか?


    TOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole Playing

    TOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole PlayingTOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole Playing
    (2008/03)
    高木 義人

    商品詳細を見る


    最近質問が多いので再掲しますが、英単語増強のお勧めの単語集はこちらです。これTOEFLゼミナールというTOEFL予備校が出している参考書で、なんと20年以上前から使われている隠れたベストセラーです。長い間売れているので、その辺の変な英語本の様な広告やキャンペーンがいらないわけです。

    ワタクシの同級生や知人で海外の学部や院に留学した方の多くがこれを使っておりまして、TOEFLゼミナール通学者多数でした。ワタクシも高校製の頃通っておりました。(留学準備は高校時代から始めたのです)この本のことは最初口コミで知りました。使っていてなかなか良かったので予備校にも通い始めたというわけです。

    この本の良い点は、

    • 英単語の語源が書いてあるので漢字の部首を覚える漢字で単語を覚える事ができる
    • 語源を覚えると知らない単語でも意味を推測できる様になる
    • 20年以上内容が大きく変わっておらず基本に忠実
    • 値段が安い割には効果が高い

    学習スケジュールですが、語源や英単語をすべて単語カードに書き、裏には日本語訳を書いて覚えます。集中すればすべて暗記するのに三ヶ月かかりません。すべて暗記してしまうと英語の長文読んで知らない単語が出て来ても意味が分かりますので、どんどん先に進めます。ワタクシは二ヶ月半で全部暗記しました。

    なお暗記する際のポイントは、通勤通学時間など細切れの時間を使うことです。それを積み重ねて行くと結構長い時間になりますので。一回に一時間とか二時間やるとかえって疲れてしまうので、短く、沢山、毎日、がポイントです。

    英語の習得に最も大事なことは何か?

    Twitterで最近「英語を習得するのに一番大事なことは何ですか?という
    質問が多いため、まとめてみたいと思います。

    1.勉強する

    当たり前のことですが、勉強しなきゃできる様にはなりません(汗)

    日本語を読み書きしゃべることができるようになった理由は?
    子供の頃から平仮名やカタカナを覚えて、せっせと漢字の書き取りをやり、
    周囲の人が喋っている日本語を聞いて育ったからですね。
    勉強したからできるようになったんです。これ、英語だって同じですね。

    「あの人は才能があるから英語ができるんだね」と言う方が
    結構おられますが、その才能ある方だって地道な勉強を継続した結果
    、英語が流暢になったわけです。

    マルコム・グラッドウェルが書いた「天才! 成功する人々の法則」という本では、
    音楽やスポーツで才能を発揮する世界の一流達の「共通の法則」を紹介しています。
    それは、多くの「天才」が、最低一万時間を技能や知識の習得に費やしている
    という法則です。英語も同じで、ある程度の時間を費やして文法や
    語彙を習得しなければ、できるようになるはずがありません。




    そんなに勉強時間が取れないといっている方や、かなり忙しい
    社会人の方でも、工夫をすれば時間を作ることは可能です。
    例えば通勤通学の電車の空き時間、昼休み、お風呂に使っている間、
    ぼーっとテレビを見ている時間などを、英語の学習に費やせばよいのです。
    毎日細切れの時間を積み上げていくと、1日1時間ぐらいの時間は
    捻出することが可能です。

    2.教材を取捨選択する

    闇雲に教材を買い捲る方がいますが、全部終わらなかった、ということが
    ありませんか?色々な教材を買い漁るよりも、数を絞って徹底的に
    内容を覚えたり、問題を繰り返し解いた方が効果的です。

    高価な道具や教材も不要です。このブログで紹介しているNHKラジオ英会話や
    単語集など、安価な教材を繰り返して徹底的にやることが大事です。


    3.具体的な目標を持つ

    具体的な目標を持つと、その後の計画が立てやすくなります。
    例えば、英語で要件定義書を書けるようになる、ファイナンシャルタイムスの
    一面を10分以内に読むことができるようになる、など
    具体的な数値が入った物だと効果的です。ダイエットで
    何ヶ月以内に5キロ痩せる、という目標を立てるのと同じです。
    漠然とした目標だと、何を達成したらよいのかわかりませんので、
    結果がでません。


    4.計画を立て、進捗を管理する

    目標を決めたらそれを達成するのに必要な「計画」を
    作ります。

    まずは、目標を達成するのに必要な作業を書き出して
    行きます。広告の裏でもノートでもエクセルでも何でも
    結構です。

    書き出しが終わったら、それらをさらに細分化
    できないか考えます。

    細分化したら、今度は各作業は
    何日で終了し、幾らの予算をかけ、何が必要かと
    書き出していき、「英語学習計画」を作成します。

    勉強を始めたら、各作業の進捗記録します。
    記録をすると、これはさぼってしまった、これは終わらなかったな、
    もうちょっと早く進めても良さそうだ、ということが可視化されるので、
    勉強作業を整理することができます。(実務で、システム構築
    作業やマーケティング計画を立てるのと全く同じことです)


    5.ご褒美

    ずっと勉強ばかりでは辛いだけなので、計画には楽しみを盛り込むと
    長く続きます。この教科書の何章が終わったらどこどこに焼き肉を食べに行く、
    友達と遊びに行くなど、週に一回ぐらいのペースで、外食やイベントを計画に
    盛り込んでモチベーションを保つことも大事です。


    6.危機感を持つ

    日本は超少子高齢化社会で、国内市場はどんどん小さくなっています。
    市場が小さくなるので、国内では物やサービスを売る相手が減ります。
    つまり、これから日本国内の仕事はどんどん減っていく可能性が高く、
    外国相手に商売をしなければならない可能性が、ドンドン高くなるということです。
    英語は世界共通語なので、どんな国を相手に商売するにしろ、道具として必要になります。


    今までは英語なんて必要なかった、とは言っていても将来はどうなるか
    わかりません。職場が外資系企業に突然買収される可能性だって
    あるわけです。(筆者はそういう会社に勤めていた方が路頭に迷う姿を
    見ています)

    英語ができないと仕事がなくなるかもしれない、職業選択の
    幅が狭くなるかもしれない、会社が買収されるかもしれない、等々の
    危機感を持って英語を勉強すれば、嫌でも英語力はアップすると思います。





    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する