海外生活で手に入らなくて案外困るもの

    昨夜は海外で身を守る方法と、役に立つグッズについて書いたのですが、書き忘れていたことがあったので追加です。

    海外長期旅行や、中長期滞在で現地で手に入らなくて案外困る物。

    アジア圏とか先進国の大都市だと日本の物は売ってたりするんですが、それでも買いにいくのは面倒だし、僻地だと個人輸入する以外は日本のグッズを手に入れる方法がありません。僻地だと盗まれたりするんですよ。。。輸送途中に。イタリアも荷物盗まれます。という訳で以下は私が日本で大量買いして必ず持っていく物であります。

    耳かきは売ってない国が多いんですよ。あっても綿棒しかない。自分は耳カキストで、耳かきの動画をネットで見てウヘウヘしている程なのでこれは必須です。この耳かき以外はあり得ません。100均一のなんか二度と無理です。これはどこで発見したかというと、ネットに某耳かきフェチの人が集う掲示板がありましてね、そこで絶賛されていた物です。何が良いかというとヘッド部分の小ささ、しなり具合。普通のより薄く細い。私は紛失した場合も考慮し常に10セットは常備しております。



    垢擦りもなかなか売っておりません。ナイロンタオルっぽいものはあったりするんですが、絹の垢擦りなんてものは日本にしかないのでございます。


    絹の顔洗い用のパフもないです。。。これはおすすめ。


    入浴剤も海外だと日本のはなかなか売ってないので(あっても異様に高い)まとめ買いです。気に入ってるのは以下。



    湯の花は日本にしか売ってないです。これもいいんですが、秋田の玉川温泉のもいいです。あの温泉は凄い。水虫が一発でなおります(それは私ではなく母)



    海外にはなかなか良い鍼灸院とかマッサージ屋はありませんので、自分でツボを研究してお灸とかやるんですよ。もぐさをまとめて火をつけるのは面倒だからせんねん灸は必須。。。。あとツボ押しグッズとか高機能のマッサージャーもないので日本で買っていきましょう。私がなんで変圧器持ってるかというとそれはマッサージャーのため。家人や義理の両親の前でウイーンウイーンと足をもんでいると、何の儀式が始まったのかとあちらはビビりますが、そんなことは気にしてはいけません。健康の方が重要です。


    これは物産展で買ってかなり気に入っております


    持ち歩いております。飛行機でもこっそり足つぼめがけてごろごろやるのです。家人にお前の怪しい呪いが始まったとか言われますが、そんなことは無視してせっせとやるのです。


    つぼの本など売ってないので日本で買っていきましょう


    顔やせのグッズもありません。日本で買いましょう


    顔のむだ毛処理グッズ、美顔グッズもあまりないのです。特に顔のむだ毛処理カミソリとかシェーバーはありません。日本で買いだめです。あぶらとり紙は売ってません。私は男性用が好みです。広島の熊野の化粧筆は高いですが持ちが良く、安い物と比べると肌触りが全く違います。海外の有名化粧品メーカーの筆の多くが熊野のメーカーのOEM生産です。日本で買うと安いです。





    こういう物干は特に欧州はありませんでしてね。。。非常にこまるのであります。最近某北欧の家具屋がバッタ物を売っていますがあれは小さくてどうしょもない。こんなちょっとした物も日本の物は便利なのでありますよ。



    あとね外国には日本みたいなラップがないんですよ、ラップが。何が困るっておにぎり握って外国のラップで巻いてもとれちゃうんです。だから日本からもって来たのを細々と使うのです。。。。


    揚げ油捨てる物もないんです。家人にね固めるテンプルのことを説明したんだけど、お前また違う惑星の話をしているのか、なんだそれは、それおかしいだろう、そんな物イギリスにはねえよ、といわれましてね。。。。揚げ油本当に困るのよ。


    日本の本を読みたい人にはKindleとKindleアプリも必須です。
























    スポンサーサイト
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する