オリンピック招致プレゼンに学べ【第5回】論理性の秘密・ロジックツリー

    cakes(ケイクス) 連載の最新号がアップされました。今回はロジックツリーのお話です。外国の人、特に西欧州や北米の人にプレゼンや文章が通じないのは、実は英語力の問題ではなく「相手の考え方の構造にあった文章を書いていない」が問題かもしれませんよ。興味がある方、読んでみて下さい。

    -------------------------------------
    「オリンピック招致プレゼンに学べ」第3回では、「プレゼンの構成にはロジックツリーが重要だ」と書きました。

    オリンピック招致プレゼンでも、ロジックツリーに沿って内容が構成されていることに気がつかれた方はいるでしょうか?

    「ロジックツリー」とは、先に主張の結論を提示し、それを下支えする論拠を示していく思考方法のことです。

    英語圏の論文や書籍を読めばよくわかりますが、英語圏の文章の多くはロジックツリー形式です。日本語でもロジックツリーで執筆されている文章があります。それは技術系や医療系の論文です。理系の方々は論理的な文章を書くことに慣れていますのでロジックツリーに関して違和感を感じませんが、文系の人びとの多くは、理論的な文章を書くことには慣れていませんので違和感を感じることが少なくないかもしれません。

    ちなみに、日本のビジネスの現場での業務文書や、行政の文章、エッセーの多くは、ロジックツリーに沿って書かれていません。

    例えば、いきなり長々と挨拶文があり、ダラダラとその人の感情なのか、事実なのかわからないことが書かれ、最後に結論がほんの少々書かれています。また、論理的ではない文章は、長くなりがちです。言いたいことがまとまらないから長いのです。

    長い文章というのは読み手の時間を奪う「迷惑な文章」だと考えています。ビジネスや研究の世界では、短い内容で、要点をスパッと言い切る文章がいい文章です。誰もが文学研究をやっているわけではありませんし、仕事は文章鑑賞会ではないのですから(ですから、私は「このメルマガは何万字あります!」と宣伝するのは好きではありません。大事なのは量ではありません)。

    さて、ロジックツリー式の文章の構成はどうなっているか? 実はかなり単純です。
    -------------------------------------

    ここから先は→ https://cakes.mu/s/urCdv
    スポンサーサイト

    英会話ができない、と言っている人の謎

    中学英語の授業は英語で 2020年度からというニュースに相変わらず色々言っている人が多いわけですね。

    色々言っている人の中に「先生は英会話ができないからダメだ!」と言ってる人がいるんですよ。「英会話ができない!!」じゃなくて、そもそも読めない、書けない、なんじゃないですかね。。。。なんで会話の話になっちゃうんだろう。

    先生が英語的なロジックでペーパー書く方法なり、論文の読み方なり、英語的な流れで議論する方法なり、同僚に依頼のメール書く方法なり、謝罪の手紙をばっちり書く方法を教えることができるのかね、ってことですよ。無理だろ。英検準一級すら受かんないんだから。あんな中学生でも受かるレベルの試験。

    日本て学生さんも大人も「英会話ができなきゃ!できなっきゃ!」と騒ぐ人がいるんですよ。英会話学校って謎の学校がありますね。でも実は「会話」って一番難しいんですよ。連載とか書籍で詳しく書いてますけど、だって、テレビの内容とか近所の話題とか、相手と通じるギャグとか、スポーツとか時事問題とか、相手と通じる共通の知識がなくっちゃ、「会話」は無理なんですよ。特に雑談。

    そういう知識をゲットするには、聞き取れて、読めて、書けないと無理なんですよ。大人なんだから話すのは挨拶とお天気の話じゃないんですよ。必要なのは。相手から笑いとって、時にはおべっか言って、同僚を懐柔して、嫌がる家族にゴミ捨て行かせるトークなのよ。日本語と同じだよ。

    仕事とか専門の話は楽なんですよ。話す内容決まってるから。金がかかってるから、相当アレな感じでもお互い真剣に話し聞きますし。

    「会話が、会話が!」と叫んでるアホウな人は、実務やったことないし、外国にも住んだことがないんでしょう。

    あと、英語で英語を教えるのは最高だ、その辺のネイティブ連れて来て今すぐやれと言っている人も大バカだと思いました。その辺のネイティブって、母国で仕事がなくって、本なんか全然読まないドアホウも含むんですよ。ギロッポンに湧いているゴミみたいな人々。あれに時給5000円払って「今日は天気です」とか言われて英語ができる様になるわけねえっぺ。バカがうつるだけだよ。マトモな人はその辺歩いてないんだって。ちゃんと専門家になる勉強してるから、安い金じゃ働かないですよ。

    まずは自分で英語なりロシア語なりを、その言葉だけで説明受けて流暢になってから「これナイスアイディア!」と言うべきでしょうね。

    中学英語を英語で教えるべきか?


    中学英語の授業は英語で 2020年度からというニュースが話題になっています。

    文科省のグローバル化に対応した英語教育改革実施計画にそった施策らしいんですが。

    いやあ、でましたね、グローバル!なんかかっこいいな、グローバル。グンゼのブリーフ着用したガイジンさんが「グローバル★」と叫んでる図が目に浮かびました。

    はっきり言いましょう。失敗します。理由。

    1.英語で英語を教えられる先生がいない

    文科省、そもそも中学校の先生がの英語力を「英検準1級」に到達する様にするって言ってるんですよ。それって中学生でも突破可能なレベルなんですよ。先生を今からどうやってトレーニングするのか。そもそも、英語を英語で教えるって、ネイティブの人でもかなり訓練積んでないと無理なわけです。「へろーういーはわゆー」な人がどうやって文法やら色々教えるのか。謎です。

    2.効率悪すぎ&生徒は意味不明で沈没

    外国語学ぶ時、初心者は母国語か、流暢な外国語で習った方が絶対に効率がいいです。なぜか。最初にその言葉のルール(文法等々)を母国語で理解した方が早いんです。ルールわかんないと、読めないし、書けないし、しゃべれませんので。基礎の基礎がわかんないとコーディングできないのと同じですって。

    これ実体験。

    ワタクシはイタリアにいる時にイタリア語でイタリア語を学ぶ、スペイン語でスペイン語を学ぶというのをやりました。職場で受けなければならなかったトレーニングがそういうのしかなかったんです。で、初回から見事に落ちこぼれ状態でしたよ。そもそも先生が「このページを開け」と言っているのがわからない。宿題も「どれが宿題なのかわからない」。文法とか用法の説明もわかんないの。だって、「前置詞」とか「動詞」が聞き取れない、黒板に書かれても意味が分かんない(涙)

    周囲のラテン語圏とか英語圏の人々はそれでも意味が分かるからドンドン進んじゃって、ワタクシみたいのと、イラク人とか中国人は取り残されてんの。全員国際機関職員で、英語ベラベラなんだから、英語で教えてくれと叫びたかったですよ。

    というわけで、電子辞書を引きながらなんとかでてましたけど、いや〜辛かった。しかも効率が異様に悪かった(涙)アメリカにいる時に英語で中国語を勉強したことがあったんですけど、全然効率が良かったです。

    英語なら英語のみで教えるって、生徒の集団に共通言語がない場合は仕方がないんですけど、生徒がおんなじ言葉を喋る場合は本当に効率悪いです。

    3. 経費ばっかりかかって効果なし

    多分役所はドンドン予算を請求するつもりなんでしょう。先生の研修とかガイジンの先生を招聘するとかで。今より経費がかかりますわな。沢山予算があるのはいいことだ!もっと人もいる。もっと天下り先も必要。やった、万歳!

    4.結果、格差が広がる

    恐らくですけど、親にお金があって、やる気もある生徒は学校の外の英会話なり塾なりに通って、マトモな先生から日本語で基礎をみっちり学んで、会話とか書きは、ちゃんと訓練受けたネイティブの先生から学ぶ様になるでしょう。

    公立にいる生徒はグダグダの説明でよけいにわけがわからなくなり、英語悪化、海外から適当につれてきた学生に毛が生えた様なネイティブの先生(バイト感覚)と歌とか歌うだけで全然うまくならない、という状況になることが予想されます。そして余計に英語が嫌いになる。いいスパイラルだな。

    5.多分病欠と早期退職が増える

    「英語で英語教える何て無理だわ〜!!!」という方々は、度重なる研修要求や、試験受けろのプレッシャーで、病気ということで長期間お休みされたり、早期退職するかもしれませんね。

    あ、もしかしたら、早期退職が目的なのかもね。要するに人減らしか。

    ま〜心配な人は、お子さんには頭を使って銭かけずに自習しなさい、というのが良いかもしれないですね。銭かけて良い先生から教えてもらうのが一番早いんだけど、誰しも銭があるわけじゃないんで。

    以下自習の方法。ワタクシって親切だからまとめておきましたぜ。

    ちなみに、以下自習で最も大事なことは、文法も単語も例文も全部暗記してしまうことです。暗記のやり方は人それぞれなんですけど(広告の裏に殴り書きでもいいんだけど)覚えないと無理です。漠然とラジオとか何とかラーニングとか聞いてても無理だから。楽してやろうなんてあり得ないから。ダイエットとかマラソンと同じだよ。

    それから毎日やること。毎日やらないと忘れちゃうから。でもできない人が殆どなんですけどね。そのぐらいのことすらできないから仕事も私生活もダメなんですよ。真面目さも根性ないんだもん。どうせ、本棚には自己啓発本とスピリチャル本が一杯なんですよ。そんで「一日一分英語」みたいなゴミ本も並んでるの。一生本棚眺めながらダメ人間やってるといいですよ。

    お金をかけずに英語を学ぶ方法 
    単語の覚え方(1)
    単語の覚え方(2)
    文法をマスターする方法(1)
    英文読解力を付ける
    語源の調べ方
    英語の歴史を知る
    無料で海外留学を擬似体験する方法
    英語の習得に最も大事なことは何か?
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する