スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【書評を書きました】西牟田靖 さん「〈日本國〉から来た日本人」外国にカジュアルな感覚で住んでみたい人と、大日本帝国のオドロキの実態を知りたい方は必読



    著者の 西牟田靖 さんより献本頂きました。ご本と一緒にテングサまで頂きました(大事に頂く予定です)

    さて同書籍、題名からすると「うわ、難しそうな歴史とか政治の本かな??」と思う方がいるかもしれませんが、それは大間違い。実際に日本の植民地だった朝鮮や満州に住んでいた方々にインタビューし、当時の生活や、日本帰国までの波瀾万丈な旅路、さらに戦後の日本についての貴重な証言集です。

    ところがどっこい、著者の西牟田さんは政治学者や歴史学者、もしくはお役所の方ではありません。元々アジアを中心に、アルバニアからエチオピア、韓国、サハリンなど、様々な土地を陸路やスーパーカブで回っていた旅人です。

    ですから、インタビューの姿勢は堅苦しくなく自然体です。また、元々様々な雑誌中心に活躍されている方なので、文章が大変読みやすい。

    歴史書を手にして「こりゃだめだ」とギブアップしてしまった方、普段自己啓発本ばっかり読んでる方、ぜひ読んでみて下さい。学校でも教科書以外にこういう本を読んだら勉強が面白くなるのになあと思うんですけどね。。。歴史の教科書ってなんであんなに味気ないんでしょう。

    さて、本書には驚きの事実がてんこ盛りです。

    まず、なんと1850年代から昭和20年まで、日本というのは移民輸出国だったという事実。なんと100年もの間、海外に移民を送り出していたんですね。移民の職業も様々で、潜水夫からサトウキビ農園の労働者、はたまた売春婦まで、ブラジルからなんとマダガスカル島にまで移民していたわけです。

    日本人は勤勉で真面目なので使用人としても大人気。そして、移民を送り出した理由は、文明開化以後爆発した人口と、仕事不足でありました。つまり、日本の景気がもっと悪化して、国内に仕事がなくなると、昔の様に日本は移民輸出国になる可能性もゼロというわけではないわけです。

    かといって、移民する人々が悲壮感満杯だったかというと、そんなことはなく「ちょっくら満州という所にいって稼いでくるわ」ともの凄くカジュアルに移民して行ったり、日本で商売をやっていた人が「朝鮮だと儲かるらしい」といきなり朝鮮半島に行って事業をやってしまうという、「カジュアル移民」が珍しくなかった様です。

    そういえばうちの父親も「僕は満州で馬賊になるのが夢だったんだ」とか言っていたんですが、親戚の方の話などを聞いていたのかもしれません。

    テレビもネットもない時代にいきなりこうやって行ってしまうというのは、今考えると「はあ??」なんですが、当時はどうもそれが珍しくなかった様です。しかし、ワタクシも自分の最新著書で欧州の人々が海外に移民するカジュアルさや、「グローバル人材になる人の動機は銭や」を書きましたが、戦前の日本というのも、どうも今の人とあまり変わらなかった様です。

    やはり人を動かすのは銭でありますね。



    植民地時代の日本人の暮らしぶりや、引き上げ時の情景も驚きの連続です。植民地では完璧に近い「日本町」があったとか、子供は割と気軽に現地の子供と遊んでいたり、当時植民地に住んでいた人が割と裕福でオシャレしていた、ソ連兵の鬼畜ぶりがハンパではない、堕胎手術は麻酔がなかった、逃げる途中で狂う人がいた、風呂に入らないと割と簡単に伝染病になる等々興味深いトリビア満載です。不潔と湿気というのに人間はもの凄く弱い様です。

    また、昭和35年ぐらいまでは日本では食料があまり豊富ではなく、生活がかなり苦しかったというのも驚きです。終戦から15年ぐらいはうんと苦しかったわけですね。昭和35年というと、1960年ですから、日本が豊かになったのは70年代半ばとすると、豊かな時期というのは、まだ40年もないというわけです。それは今の若い人と、今の60ー80代の人では、感覚や歴史観に大きな隔たりがあるのは当たり前ですね。

    本書に登場する元引揚者の方々の濃いキャラクターも魅力的です。団塊の世代ぐらいまでは日本にもこういう悪の強い人が沢山いた気がするんですけど、いつからいなくなってしまったのかな。

    西牟田さんの既刊「僕の見た大日本帝国」もお勧めです。一見愛国本の様な感じですが、実はこれ旅の本であります。「ええ!!こんな所に鳥居が!!」というVOW!的な楽しみ満載ですのでサブカル好きの方にお勧め。もう一冊の方の「誰も国境を知らない」は、最近近隣国と色々揉めている領土の、あっと驚くネタが満載です。


    スポンサーサイト

    【書評を書きました】 中川ケイジ さん 「人生はふんどし1枚で変えられる」 [Kindle版] ¥ 950 紙版の30%オフ。鬱で悩む方、仕事が嫌でしょうがない方は必読




    読んでみたいなあと呟いたら担当編集者様より献本頂きました。感謝感激であります。うーんインターネット的ですね。

    さて、「人生はふんどし1枚で変えられる」という題名でありますが、これ自己啓発本(キャリアポルノ)ではありません。ふんどしマニア向けの本でもありません。

    鬱で苦しんでいたサラリーマンの男性が、ある日「好きな物」をみつけ、たった一人で商売を始め、自分で仕事を作り出して行く、というドキュメンタリーであります。

    著者の中川さんは、大学卒業後美容師さんをやられていた後に、コンサルティングビジネスの世界に入られたという少々変わった経歴をお持ちの方です。元々10年も美容師さんをやられていたので、美しい物や、人の生活を豊かにするものに興味をお持ちだったのではないかなあ〜と思います。

    その元々持っていた興味や、お客さんと直接接する美容師の経験が、ある日ふんどしを絞めた快感と結びつき、なんと起業してしまいます。

    さてここからが面白い。試作を一生懸命考え、デザインやパッケージに工夫を凝らし、自分がこれは!と思った人に直接会いに行き教えを請う。マスコミを使って宣伝したり、自分でイベントを企画してふんどしの普及に邁進します。

    さらっと書いてあるのですが、

    「仕事というのはこうやって作る物だ」
    「商品の企画とはこうやってやるのだ」
    「宣伝とはこうやると良い」

    というのを学ぶことが可能です。会社で事業企画やマーケティング、プロモーションに関わっている方、これから仕事を始める学生さんは是非読むべきです。実体験ですからその辺のノウハウ本よりも役に立ちます。

    人間というのは好きな物であれば、こういう風に熱心になれるのだ、頑張れるのだということもヒシヒシと伝わってきます。

    毎日の仕事がつまらないなと思っている方、俺の人生これでいいのかなと思っている方、自分は何が好きなのか、何が得意なのか、何には時間もお金のことも忘れて没頭できるのか考えてみましょう。


    私達は毎日仕事に一日の大半を使います。しかし、その貴重な時間を、好きでもないことに費やすのは、たとえ沢山の給料や、人に自慢できる肩書きがあったとしても、もの凄く空しいことではないでしょうか。

    ちなみに、ワタクシも紆余曲折を経て、今は自分の好きなことしかやっていません。周囲からはあれこれ言われましたが、好きなことしかやらないことで、ストレスがグンと減り病気にならなくなったし、浪費は止まったし、かえってお金が貯まる様になったりして、生活全体としてはプラスです。

    なお、個人的には、ふんどしというのは、もっと普及していいのではないかと思っています。入院するとT字帯というふんどしを使いますが、あれなかなか便利です。ワタクシも入院用に買ったんですけど、あれ一色しかないんですよ。今年は入院する予定があるので、オサレなふんどしを買おうかなと思っています。取り替えるのが楽ですからね。

    なお、中川さんの会社で売ってるふんどしはこんなにオサレ。「シャレフン」とは名前がまたいいですね。

    日本には伝統的で素晴らしい製品やサービスが沢山あります。ふんどしだけではなく、漆器や陶器、伝統的な日本食、着物、和室、お茶、寄木細工など、本当に数えきれないくらい。外国の人が日本に来ると、うんと驚くのがそういう伝統的な物やサービスの素晴らしさなんです。若い人が見向きもしない様な店で大感激する。

    でも、デザインが今風じゃなかったり、パッケージや売り方で損をしている物が多いです。日本の人達は見向きもしない。クールジャパンってこういう所に眠ってるんです。

    政府が大金をかけてプロモするアイドルじゃないんですよ、外国の人が本当に感動するのは。

    【書評を書きました】「逆境エブリデイ」起業家に本当に必要なことを学びたい人に



    著者の大川弘一さんより献本。大感激大感謝お礼!!

    なんと、あの有名なメルマガ会社『まぐまぐ』の創業者である大川弘一さんによる旅行記です。ただし、普通の旅行記ではありません。なんと、大川さん、ベンチャーの創業者という顔の他にポーカープレーヤーという顔もあり、ドイツ、インド、スペイン、韓国、イタリア、フランス、カンボジア、アメリカと様々な国のポーカートーナメントにたった一人で参加し、各国のギャンブラーと戦っていくという、400日の記録です。

    まず、本の導入部で度肝を抜かれます。「まぐまぐ」のことは大まかには存じ上げていましたが、取締役に訴訟をおこされて大変な目に合ったり、株価がガガンと下がってしまうなど、全然知らなかったことが書いてあり、大川さんが体験されたジェットコースターの様な体験が、あくまでさらっと書かれています。

    ホリエモンさんや、ロードサイドのハイエナこと井戸実さんも登場します。有名ベンチャー起業家の皆さんのマスコミでは描かれない姿がさらっと書かれている点も非常に興味深いです。ネットやメディアで第三者があれこれ描く姿は、あくまで虚構なのでしょう。

    ワタクシは宝くじ以外のギャンブルをまったくやらないヘタレなので(イメージと違うと言われますが、ワタクシはチャレンジ精神とかやる気とかとほど遠いヒッキー系のメタラーです)、ポーカーのルールに関しては正直さっぱりわからなかったのですが、足を踏み入れる機会がないポーカートーナメント場の雰囲気や、ギャンブラーの様子というのがわかり大変面白かったです。なるほど、こうなっているのだなと。

    アメリカのロードサイドの風景が描かれているのも興味深いです。シリコンバレーやマンハッタンではなく、週末に家族総出でカジノに行って楽しむアメリカ人家族の姿。くたびれたダイナー。エンコするポンコツのレンタカーや、激安料金で車を直してくれる田舎の整備士。映画「バグダットカフェ」みたいな風景が目に浮かびます。

    こういう描写を読むと、お会いしたことはないのですが、大川さんの感受性の高いお人柄がなんとなくわかります。しかし、繊細ながらも、ポーカートーナメントでは大胆な勝負をして行きます。あくまで緩く緩くでありますが、楽観的に、大胆に勝負するのです。

    起業家とは、人々のニーズを読み取って、想像力を働かせて商品やサービスを開発していく人達であり、実は繊細な感性と、孤独に耐えられる精神力が必要です。そういった意味で、実はアーティストに近いのかもしれません。それプラス、大きな勝負にかけるというギャンブラー的な心がなければ勤まりません。

    上司に言われたことを忠実に実行し、根回しをし、上司や同僚のご機嫌を取るのが命題であるサラリーマンとは全く異なる職業です。

    サラリーマンが嫌だから起業したいと思っている方、同書を手に取ってみて下さい。自分に足りない物がなにか、なぜ誰もが起業家にはなれないのか、良くわかるでしょう。






    【書評を書きました】「10年後の仕事のカタチ10のヒント 」250円 今後海外で働いてみたい人や、今後の仕事というのはどうなっていくのか、に興味がある方は読んでみてはいかがでしょう



    松井博さんと大石哲之さんより献本大感謝大感激お礼です。

    この書籍、なんと250円という激安価格です。お二人の対談を書籍にまとめたものでありまして、早い方なら20分ほどで読む事ができるコンパクトな電子書籍です。書籍というよりもちょっと長めの雑誌の特集に近いかもしれませんが、実際に海外で働いた経験のあるお二人の対談ですので、第三者に取材して書いた記事よりも生々しい内容です。今後海外で働いてみたい人や、今後の仕事というのはどうなっていくのか、に興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか。

    冒頭にでてくるシリコンバレーの職場の風景「働いている人の60%は東洋人や南アジア人インド人ばかり。日本人が想像する一般的なアメリの風景と違う」を読んで驚かれる方がいるかもしれませんが、これ最近のお話じゃございません。ワタクシがアメリカに住んでいた15年ぐらい前にすでにそんな感じ。友人が働くあるソフトウェア企業に遊びに行くと、社員食堂はインド人家族(お昼に家族が遊びにくる)で占拠されており、「うわ!!なんぞここ」となったのを覚えています。ですから、今更驚くのはヤバいですw この本読んで実感して下さい。

    その次。同書ではワタクシが「ノマドと社畜」で書いた欧州の「使える人だけが食える」という雇用環境よりも、遥かに悲惨な状況が紹介されています。例えば

    年間15%の人が自分から辞める
    いつでも辞めさせられたり辞めたりする
    CEO含め全員が契約社員状態
    健康保険がない
    カフェワーカーが結構いる

    等々です。

    いや〜アメリカのトップ企業は悲惨ですね。シリコンバレーに行く気が思いっきりなくなったな(笑)

    ただしこれがアメリカ全部というわけではないので、鵜吞みにしてはいけません。アメリカにも緩い会社とか、役所系の会社(大体インフラ系)、役所、昔ながらの会社というのがあるんで、マターリと仕事している人もいます。ワタクシのお友達はマターリの会社とか役所にいる人が多いです。(こういうユルユルした人々がワタクシのお友達)アメリカにも役所はあんですよ。大半の人はシリコンバレーのイケイケの会社で働いているわけではないです。

    また勘違いする人がかなり多いんですが、欧州は全体的にアメリカよりも雇用環境が緩いです。もうね、緊張感がないですから。全世界がシリコンバレーになるわけではないから安心して下さいw

    そこの「欧米」って言ってるバカな人、耳くそほじって良く聞いて下さいよ。アルバニアとアメリカは違うんですよw わかった??

    欧州はね、あんまりやる気がないし、アメリカほど移民が来ませんので緩いです(笑)やる気満々の人は大昔に船でアメリカに送っちゃったんですよ。で、アメリカに疲弊した人は欧州に逃げるんです。でも雇用許可がなかなかでないんだけど。アメリカほど稼げないし。基本貧乏。でも医療費は無料だったり福祉は手厚かったりしますよ。なんでか?アメリカほど軍事費使わないからw 戦争嫌いだから。戦争やるなら飲んでた方がいい。

    カフェワーカーもあんまりいないですね。カフェは喋ったり、リラックスする場所ですから。大体ださいんですよ、うまいコーヒーとか酒を飲む場所でカタカタとマック叩いてたら。欧州は商売気が今一ないから休む時はダラダラ休みますからね。あと外でPC使ってると盗まれたしますし、サッカーくじの話ができないw 

    よく考えたら、中東とか北アフリカとか中央アフリカとか南アジアとかロシアとか南米はマターリなんですよ。欧州ほどじゃない場合もあるけど。アジアもマターリの所は少なくない。だからむしろアメリカのアゲアゲの会社がある所が特殊なわけです。マターリの所の方が多いから、まあ皆が皆、アメリカの上げ上げの人々風に働かなくても死なないわけですが。全員そんな働き方をしたら死にますw

    先々日本の雇用形態がアメリカ型になって行くのかどうかはわかりませんが、まあ、同書を読んで「こんなのもあるんだなあ」と知っておいて損はないでしょう。

    なお、イギリス&欧州&世界をグルグル回ってる人の働き方って実際どうなのよ?を知りたい方はワタクシの「ノマドと社畜」と「世界のどこでも生きられる! 外籠もりのススメ」を読んで下さいまし。ノマドは電子版だと599円と牛丼セット一杯分、「世界のどこでも」の方は電子だと950円でファミレス一回分のお値段。現場の実例と、結構役に立つサバイバル&海外仕事ゲットのせこいノウハウ入れましたから参考にして下さい。(あらワタクシって親切)ボリュームは単行本一冊分ですから、読むのには1時間半ぐらいかかりますよ。普段本を読まないナマケモノには大変だ。



    大石さんの「英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?~就職活動、仕事選び、強みを作る処方箋 」もお勧めです。Kindle版ででておりますが、なんと出血大サービス価格250円。アジアに行きたい人は読んでみるといいでしょう。ワタクシも昔アジアに行こうと思ってたんだけど、なぜか全然違う所に来てしまったw







    【書評を書きました】ヤマザキマリ先生「男性論 ECCE HOMO」 海外事情や恋愛論、欧州史に興味のある方は必読



    文藝春秋様より献本感謝感激大お礼であります。

    ワタクシが大ファンであるヤマザキマリ先生の抱腹絶倒エッセイ集です。ヤマザキ先生と言えば、大ヒット漫画「テルマエ・ロマエ」の作者さんとして有名ですが、先生の活字の本も漫画以上に面白く魅力的であります。

    さて、本書「男性論」という題名ですが、カバーされているのは男性論だけではなく、日本とイタリアの文化的比較、古代ローマとルネサンスの歴史、日本とイタリアの女性の比較と盛りだくさん。

    この内容で新書版760円というのはかなりお得です。海外事情や恋愛論、欧州史に興味のある方は必読です。

    ・ 今の働き方って他の国では当たり前なのかしら?
    ・ ゆるふわ愛され女子系じゃないアタシっておかしいのかしら?
    ・ 結婚してない俺って人生の落伍者なの?
    ・ 離婚したけど、なんで日本ではアタシは責められるのかしら?
    ・ 外国住んでみたいけどどんななのかな?
    ・ イタリア人ってなんであんなに喋るのがうまいのかな?
    ・ イタリア人って日本のことをどう思ってるんだろう?

    というアナタ様、ぜひお読み下さい。

    さて、まず、同書、第一章から爆笑というか、海外在住組は「ウンウン、あるよね」という、うなずき全開、日本に住んでいる方にとっては目から鱗が落ちる様なネタが満載です。

    先生の代表作の一つであり、ワタクシも大好きな「モーレツイタリア家族」「イタリア家族 風林火山」にも登場する、先生のご主人とそのご家族、さらに息子さんに関するエッセーでありますが、これが笑いを取りつつ、「夫婦のあり方」「家族のあり方」「労働観とは」「芸術とは」を含めた日本とイタリアの文化違いを鮮烈に描き出す比較文化論になっています。実体験が下敷きなだけに、その辺の学者さんが書いた物より数倍面白いです。

    ワタクシはイタリアのローマで4年間、濃ゆいイタリア人に囲まれて働いておりましたので「ああ、これはわかるわ」と3秒に一回ぐらいいいながら読んでしまったのでした。

    第1章には、ヤマザキ先生のご家族の言葉を基にしたこんな記述があります。

    「つまりみんな、人生にお金は必要だけれども、お金のために自分を犠牲にしてはもったいないと考えている。夫婦の時間や食卓を囲んだ語らいこそが、人生を楽しむことだと信じて疑っていません」

    「今の日本でしばしば問題となる『ブラック企業』というのでしょうか、労働者の時間を極限まで搾取し、安く使い捨てる仕事のありかたをきけば、そんなものに従事するほうがクレイジーだと、とんでもなく憤慨すると思います。」

    「人生のかたち、家族のかたちは千差万別。人の数だけバリエーションがある。固定観念や常識や規範といったもものにしばられすぎると、身動きが取れなくなります。」

    ワタクシも書籍やメルマガの方で再三「日本の働き方とか仕事に対する考えは独自なんじゃ」「おかしいのはお前らじゃ」「ガイジンは日本の会社なんか狂ってるといっとるんじゃ」「結婚しないのだって別におかしくも何ともないぞ」「夫婦別姓だって当たり前じゃ」という論を展開しており、様々な方面より「オマエの言っていることはおかしい」とか「社畜バカにすんな」「師ね」「貴様は日本国を破壊しようと考えているのか」と散々罵詈雑言を飛ばされておりますが、いいですか、みなさん、ヤマザキ先生のイタリアのご家族だってこういう考えなんですよ!

    ワタクシは間違っておりません。

    さらに、1章には芸術に関する、日本とイタリアの考え方の違いも明記されています。

    「文化や芸術に対する考え方お、まったく違います。彼らの理解に照らせば、文化とは、パトロンや上流階級に守られて発達していくもの。かつて音楽家や画家がそうだったように、サロンのような閉ざされた場で愛でられ、批評され、保護される物だといまも考えている。だから、日本の小説家が、文芸誌に作品を連載することで、原稿料という糧を得ることには疑問をもつようです。」

    「彼らからしてみたら、わたしの働き方など牛馬のごとし。文学者や漫画家が、ときに夜も徹して労働をすることに、びっくりしてしまうらしいのです。」

    日本では漫画家さんが働きすぎで病気になったり、週刊漫画雑誌なる恐ろしい物があるわけですが(そんなものはイタリアにもイギリスにもない)、いいですか、ゲージツを大事にする土地ではゲージツ家を大事にし、薄利多売はしないわけです。最近日本の漫画とか本とか雑誌がつまらんという声がありますが、それは日本の消費者が作家さんに薄利多売を強いているからかもしれません。

    第2章、3章、4章では男性論や変人論が語られますが、「テルマエ・ロマエ」が好きな方必読です。あの作品に登場するキャラの人物像はこの辺から来ているのかな、というのがわかります。ルネサンスや古代ローマ史のお勉強にもなります。

    第5章は「いい女とは何か」の日本とイタリアの比較文化論でありますが、これも大変面白い。「イタリアでもてる女性は男性と共犯者になれる女性であり、完璧な化粧を施しているが、自分の意見がなく、共犯者になれない女性は、本気で相手にしてもらえない」という部分、イタリア男を観察していたワタクシ、至極納得です。

    あの地では、お人形の様なアッパラパーなお姉ちゃんではなく、持てていたのはヒョウ柄のワンピースと毛皮を着こなして、たまには皮肉なこともいい、タバコを吹かしながら男を手玉にとるセクシーボムでした。

    こういう「大人の女性像」はイタリアだけではなく欧州全体で好まれる感じかも知れません。そう、酸いも甘いも知ってる大人ではないと相手にされないのです。

    第6章では、ヤマザキ先生版の「海外生活のススメ」であります。先生の波瀾万丈な海外生活記という感じですが、海外二一度住んでみたいなという方は必読です。

    その他先生のお勧め書籍



    イタリア大爆笑エッセー漫画です。「テルマエ・ロマエ」でヤマザキ先生を知った方は絵柄とノリの違いに驚かれるかもしれませんが、ワタクシはこっちが先生の本領ではないかと考えております。イタリアの姑さんがとにかく強烈です。うちの60代の親も大ファン。



    紀行物、バックパッカー物が大好きな方は必読の漫画です。ワタクシはキューバ編にしびれました!!




    こちら先生の比較文化エッセーと、リスボンでの日々&テルマエの楽屋落ちのお話でありますが、ここでも一番面白いのはイタリアの姑さんとのお話です。うん、強烈だw



    これはアジアで頑張る日本の女性に関する本です。お嬢さんがいる皆さん、さりげなく机の上においておきましょう。日本女性は強いですよ!海外に行くと永住してたり現地で就労許可とって働いているのは日本女性ばかりです。(実体験)日本男子、もっと頑張れ!



    こちらスティーブ・ジョブズ氏の電気の漫画家です。ヤマザキ先生の絵が美しいため、活字の本よりもスイスイと頭に入ります。さらに、ジョブズ氏の変人ぶりと孤独が大変良く描かれており、常人はこの人を目指すのは無理や、というのが良くわかります。ジョブズさんがイケメンです。ワタクシは電子版で買いました。



    皆さんおなじみの「テルマエ・ロマエ」です。ワタクシ全部紙で持っておりますが、Kindle版だと40%オフ428円と超お得です。ルシウスさんもかっこいいですが、ワタクシのお気に入りキャラは、銭湯などに登場する北島サブちゃんに似たお父様です。登場する日本の人々は心優しく、なんとなく懐かしい感じがするのも楽しいです。我々が気がつかなかった日本の良さを、古代ローマからやってきた銭湯技師を通して発見する。まさにディスカバージャパンな作品です。

    日本の銭湯やら温泉、伝統文化、ラムネ、牛乳便、そば屋の出前、整体、シャンプーハット、和気あいあいとした人間関係、町中のちょっとした工夫など、そういう些細なことが本当のクールジャパンなんですよね。



    なおお風呂で読めるバージョンと、魔除けも付き特装版ありますよw










    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。