【書評】野上武志先生「まりんこゆみ」「蒼海の世紀」米海兵隊の合理的なマネージメント手法、新兵訓練のテクニックを学ぶのに最適の書。社畜はビジネス書とか自己啓発本を読んでないでこういう本を読んでマネージメントの神髄を学ぶべし

    著者の野上先生からなんとサイン入り本を贈呈頂きました。ワタクシは「萌えよ!戦車学校」シリーズで先生を知りまして、それ以来ファンでしたので、先生からサイン入り本を頂くというのは感無量と言いますか、いやあTwitter凄いですね。なんとロンドンに起こしの際にはリアルでお会いさせて頂きました。弟に「おめえ超ラッキー!!ぐやじい!!!」といわれましてね(ほほほ)

    nogami_01.jpg
    nogami_02.jpg
    nogami_03.jpg



    さて「まりんこゆみ」は日本の女子高生(JK)がなぜかアメリカの海兵隊に入隊してしまうという漫画であります。一見するとミリ萌え漫画ですが、「萌え系か」とあなどってはいけません。原作者は元海兵隊員で、同作品では外部にはあまり知られていないアメリカ海兵隊の新兵訓練やマネージメント手法が詳しく描かれています。さらに、野上先生の表現力により、お固くなりがちな海兵隊周りの話が、ほっこりとした漫画になっているわけです。随所にみられる小ネタも楽しく、ミリヲタだけではなく、80年代のアクション映画好きやサブカル好きの方も楽しめる内容となっています。「フルメタル•ジャケット」「ハートブレイクリッジ」「コマンドー」「ランボー」「ダイハード」あたりが好きな方は必読でありますよ。(全部ワタクシがハアハアする映画。ランボーは昨夜もみてしまった)

    ちなみにアメリカ軍のマネージメント手法というのは、経営学の世界でもよく取り上げられるネタであります。多国籍企業や国際機関のマネージメント手法というのは、アメリカ軍やイギリス軍の作り上げた手法を元にしていることが少なくありません。管理職の肩書きや文書管理、給料の決め方などをみると「ああ、これは」とわかるわけですが。

    なお欧州や北米の多国籍企業、国際機関には、軍出身者が大変多く、エンジニアだけではなく、上級管理職や幹部になっている方が少なくありません。ワタクシも軍出身者と随分働いてきましたが、軍仕込みの合理的な思考や管理手法を色々教えて頂き、随分と勉強になりました。






    「蒼海の世紀」は、坂本龍馬が暗殺されなかったもう一つの20世紀を描く海洋歴史ロマン漫画であります。ダイナミックなストーリが、細かく練り上げられた設定や歴史考証にそって展開して行きます。なお、野上先生は同作品の制作にあたり、かなり綿密な取材を重ねており、ロンドンにも取材にこられました。歴史好き、政治経済好きの方は必読の一冊です。

    元々同人だった作品が商業出版されたわけですが、同人の方は「新劇場版エヴァンゲリヲン」などの翻訳を手がけておられる兼光ダニエル真先生の英訳がついていますので、英語を学んでいる方にお勧めです。正確な英訳が付いている漫画というのは限られていますので貴重です。

    なお商業出版の方の第5巻にはワタクシと家人も登場しております。



    こちらは萌えミリの古典でありまして、ミリに興味がない方でも、雑学として楽しめるネタが満載です。戦車の登場が近代戦争をどのように変えたのか、第一次世界大戦における影響など、政治経済&歴史好きの方なら知っておきたい知識も満載です。また、随所に登場する戦争史は、欧州だけではなく様々な国同士の軋轢の歴史を学ぶ上で必読です。学校で習う世界史では詳しくカバーされなかった史実が満載です。戦争史を知らずして政治経済を語ることはできません。教官&生徒たちのへっぽこギャグもほっこりいたします。心が疲れているあなた様にお勧め。



    現在日本では集団的自衛権が話題になっておりますが「ところで自衛隊ってどうなのよ?」を知る上で同書が役に立ちます。コラムやインタビューも充実しており、その辺の新書や自衛隊関連単行本よりも遥かに充実した内容になっております。野上先生の漫画も素晴らしいです。
    スポンサーサイト

    【書評】「育児の不安解決book」「まずママが幸せに」「フランスの子供は夜泣きをしない」これから妊娠する方、小さなお子さんがいる方は必須の三冊



    著者の森戸やすみ先生より献本頂きました。感謝感激であります。

    ワタクシ最近出産しましたので、妊娠出産に関することがらを色々調べていたのですが、書籍や雑誌、ネットには医師や助産師などではない「素人」さんが、適当なことを書いた情報が溢れていることに驚きました。

    偽科学的情報から効果が不確かなホメオパシー、科学的裏付けがまったくない因習的なことがそれこそ山の様にあふれていて、しかし、そういういい加減な情報がネットで大人気だったり、売れていたりするわけです。よく考えると恐ろしいことです。こんな適当な情報が溢れているのでは、育児ノイローゼになる人が増えて当たり前だなあと思った次第です。

    同書は小児科医の森戸先生が執筆されていますので、そういういい加減情報とは一線を引く「まとも」な本であります。読んでわかるのは、ちまたで「あれはだめ」「これはだめ」といわれている情報の多くには科学的根拠がなく、因習めいたことだということです。役所や病院もこういう良本を妊婦に配布したらいいのになあと思うんですけどねえ。なお、同書の中の漫画やイラストも先生が手がけておられます。Q&A方式ですので大変読みやすく、本が苦手な方にもお勧めです。



    こちらの二冊は森戸先生に送って頂きましたが、妊娠出産育児書としてだけではなく、比較文化の本として大変面白いです。前者は日本、イギリス、フランスで出産した方の体験記であります。後者はフランスで出産子育てを経験したアメリカ人ジャーナリストの本を翻訳した物です。妊娠出産育児のあれこれというのは、国が変わると随分違い、その土地の哲学というか人間観が反映されているなあというのが良くわかります。

    大雑把に分類すると、イギリス&フランスなど欧州大陸系は「適当系」、アメリカは「科学&管理主義的」日本は「神経症的」であります。日本は「あれやこれやと神経症的に細かい」、アメリカは「薬や最新技術を駆使したりナントカ論に凝ってみる」、イギリス&フランスは「適当&自然に任せれば何とかなるわだって死んでないしい」、であります。こういう違いは、各国の労働政策や経済政策、住宅のあり方、教育のあり方にも色濃く反映されています。

    こういう違いを知りますとね、「オウベイ」なんて言葉で欧州大陸とアメリカを一括りにしている方が相当なノウタリンであることがわかります。

    ちなみに今回ワタクシはイギリスで産みましたが、日本から来た母が卒倒する様な出来事の連続でありました。でもそんなに神経質にならなくても子供は産まれるし育つんであります。

    【書評】「日本人はなぜ世界での存在感を失っているのか」日本の未来を考えたいなら読むべき一冊



    著者の山田様より献本頂きました。感謝感激です。ワタクシも帯に推薦文書かせて頂いております。

    さて同書でありますが、単なる日本Disり本ではありません。日本がなぜこの所、世界における影響力を失ってしまったのか、そして、そんな日本はそうするべきなのかを客観的なデータに沿って説いた建設的な提言書となっています。

    第1章は日本の広報戦略のダメっぷりがうまく描かれています。広報戦略というのは国際政治の駆け引きの一つでありますが、どうも日本のやり方というのは狡猾さが足りないのであります。

    ワタクシがワシントンDCのロビーストの所でインターンをやっていた際や、国際機関で働いていた際にも感じたことですが、日本には国際感覚を持った広報のプロが足りていない印象を受けます。海外向けの情報発信や交渉モロモロは、国内市場のみを相手にしている広告代理店や広報マンではどうにもなりません。隣国の中国や韓国は、英語圏の広報や外交専門の大学院で専門家を養成したり、移民二世や三世のネットワークを使って激しい情報戦を繰り広げています。こういうネットワークの有無が、日本と中韓の間で大きな差がついてしまった要員といえるのではないでしょうか。

    第2章、3章、4章は日本の経済的地位の低下に付いてでありますが、これを読むと、「日本は凄い系」の愛国ポルノが書いていることがいかに欺瞞に満ちているかということが良くわかります。海外にいますと良くわかりますが、日本は今やアジア太平洋における重要市場ではございません。優秀な人材は香港やシンガポール、中国に送られ、日本は素通りされてしまっているんであります。愛国ポルノばかり読んでいる人々は、国際業務や外資系での仕事などには無縁なので気がつかないのかもしれませんが、ガイコクとやり取りしている人々は、母国が素通りされる様を毎日歯がゆい思いでみているのです。

    【書評】「関西電力病院のおいしい糖尿病レシピ」体重や血圧が気になる方、ダイエットしたい方、食生活を見直したい方は読んで下さい



    一般社団法人食サポートオフィス加藤代表理事より献本頂きました。感謝感激であります。ワタクシ妊娠中に妊娠糖尿病というのにかかってしまい、それを知ったフォロワーの加藤様が献本下さいました。

    ワタクシ最近出産しましたが、妊娠初期の血液検査で、対糖検査というのをやるのですが、しきい値を0.1だけ越えてしまいひかっかってしまったわけです。糖尿病とはいっても妊娠糖尿病は妊娠中にのみ発生する糖代謝異常なので、I型、II型糖尿病とは違うのがポイントです。出産時に胎盤が排出されてしまえば直る人が少なくありません。

    ただし、妊娠中に血糖値を厳密に管理しないと、様々な合併症が発生します。胎児の合併症としては、巨大化(分娩が困難)網膜症、腎症、神経障害、低血糖、母体の合併症としては妊娠高血圧症等々が発生します。実は恐ろしい症状です。

    日本産婦人科学会 妊娠糖尿病とは

    日本糖尿病・妊娠学会 糖尿病と妊娠に関するQ&A

    というわけで、10ヶ月近く、毎日4回血糖値をはかり、食事の糖質量を厳密に管理するという食事療法をやってきたおかげで、高齢出産ではありましたが、妊娠中の体重増は妊娠前+2キロ(元々肥満なのであまり増やせない)、赤子の体重も平均値、合併症はでず、分娩は17分という安産でありました。

    さて、食事療法を実施するにあたって、非常に難しいのが、食事の糖質量を減らすメニューを考えることです。「和食にすればいいんじゃね?」という方がおりますが、和食の献立というのは、米や麺&おかずという組み合わせが多く、おかずの味付けにはみりんやら砂糖がたんまりで、糖質たっぷりの「糖尿殺人フード」が少なくないんであります。

    そこで役に立つのがこの本の様に糖尿人向けにカスタマイズしたレシピです。若い人向けのメニューや洋食も乗っており、写真が大きくてみやすいのでとても役に立ちます。また糖尿人であっても食べることができるデザートや肉、揚げ物ものっています。自己流で考えるとどうしてもメニューが乏しくなるので、本当に助かるのですよ。。。。

    糖尿人向けのレシピというのは、高血圧やコレステロールが気になる方、健康的にダイエットしたい方、食生活を見直したい方にもぴったりですので、ぜひぜひご活用あれ。コンビニの食べ物や牛丼、立ち食い蕎麦ばかり食べているとホントに早死にしまっせ。

    一緒に送って頂いたこちらの本もなかなか便利です。コンパクトなので毎日持ち歩きたい一冊です。




    【プチ自慢】凄い方より高須クリニック医院長様グッズを頂いた件

    アップするのが遅くなってしまいましたが、このような素晴らしき物をある凄い方(ワタクシが神とお呼びする方)よりお送り頂きました。感謝感激。一生家宝にいたしますのよ。ほほほ。

    takasu_01.jpg

    takasu_02.jpg

    takasu_05.jpg

    ちなみに高須医院長様グッズはここから買えまっせ。会社で使って目立ちまくろうぜ。ひゅーひゅー



    その辺のインチキ自己啓発医者の本など読まないで高須本を読むこと!高須医師は真面目な職人肌医師なのだ(何せ自分を実験台にしている!)似非科学、偽健康法の本を読んでいるあなた、死にまっせ。



    自慢&家宝↓
    saibara_sensei_02.jpg

    saibara_sensei_01.jpg

    うちの神社↓
    saibara_sensei_jinjyajpg.jpg



    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する