【Kindle本】ピケティ「21世紀の資本」は英語Kindle版だと激安。その他一緒に読んでおきたい本

    ピケティ先生の「21世紀の資本」が相変わらず売れております。この本の結論を一言で言ってしまうと「金持ちになりたいなら投資やれ」で身も蓋もないわけですが、しかし本としては大変面白いので、要約本などには手を出さないで原書を読んでいただきたい。ただし日本語だと大変高く、しかもかさばるのがネックです。



    ところがこれ英語版だと2000円ちょっとと激安です。平坦な英語で書かれているので、英語の勉強にも最適です。ぜひ挑戦してみて下さい。しかも英語圏のAmazon だとKindle Unlimited無料で読めてしまいます。他の本も読めますので大変お得です。



    さてしかしピケティ先生の主張をきちんと理解するには下地がなければなりません。この本をより深く理解するために一緒に読むと良い(というか先に読むべき本をまとめました)



    まずは経済学の基本の基本を理解する必要があります。経済学の本はたくさんありますが、大学で教科書として使われることがあるマンキューに絞って読むのが良いと思います。ただ、これに限らず経済学の本は英語の方がわかりやすいんです。



    マンキューを読む時間がない方にはこちら。高校生向けですが経済学のバックグラウンドがない大人の読書にも最適です。



    ピケティ本を理解するにはマルクスも読まなければなりません。読んだことがない方も多いと思いますが、翻訳された原書を読んでも実はそれほど難しくありません。ただし「資本論」は長いので超訳本を活用しましょう。今ではすっかり古ぼけてしまったことも書いてありますが、あっていることもあります。



    しかし「資本論」は英語だと大変わかりやすいのです。



    アダム・スミスはこのシリーズの訳がなかなか良いです。



    ウエーバーも基本書ですね。ワタクシは高校時代に読みましたが案外読みやすいです。



    スポンサーサイト

    【書評】「世界一周ホモのたび」電車で読んではいけないオモロイ本とマンガ



    皆さん、この二冊を電車の中で読んではいけません。家で子供に隠れてコソーリと読むのです。ここで電子書籍の素晴らしさが発揮されます。色々コソーリと買うことができるのです。世界各国に散らばるハッテン場の実態、異性愛以上に厳しいゲイの愛の世界など、知らなかったことが色々学べます。熊田先生の絵がラブリーなのでエグいお話もファンシーに仕上がっています。ゆるふわなあなたや素敵な奥様にもオススメです。

    しかしどの世界も楽ではありませんな。

    続編アンド以下も面白いのでオススメです。




    山田先生の作品もおススメ。先生は絵が上手いのです














    【買い物】最近買って大成功だったもの

    ブログではいつもは書評が多いんですが(英語関係の記事ももっと書かねば。。。)ちょっと最近買って便利だったものがいくつかあったので、メモとしてまとめておきます。(メモというか知人への通知用)歯を磨いている時に「ああ、そういえばこれこの前買ったんだっけ」と思い出したので。



    これ怪しい形なんですが歯ブラシです。歯の間とか奥歯の奥がすっきりと磨けてしかも激安です。歯間とこれで磨いて本当にすっきり。歯間ブラシだと歯と歯茎の間が綺麗にならないんですよね。。。。この前歯医者さんに行った時に歯科医院用の歯ブラシをまとめて買おうと思いましたが、それより全然安い!



    この歯ブラシも20本入り1000円ちょっとで安い割にはいつも買っていた歯科医院用の歯ブラシより良くて大感激でした。ヘッドが小さいので磨きやすいです。



    これ首から下げられるライトです。小さい割には明るいし、ワンタッチでつくのでものすごく便利。夕方の散歩とか、帰宅時に鍵とかドアノブ探すときに便利です。年寄りとか子供さんにもオススメ。外側がシリコンで濡れないものよし。良い製品考えますね。




    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する