【書評】「ふしぎな君が代」日本の近代のあり方を知るための貴重な一冊。



    著者の辻田真佐憲さんより献本いただきました。家の都合などが有りなかなか本を読むまとまった時間が読めず、書評を書くのが遅くなってしまい誠に申し訳ないです(涙)

    さて私は辻田さんが「世界軍歌全集」を出された頃からの大ファンなわけですが、本作も、膨大な知識と資料を使用し、丹念に書かれた素晴らしい本です。しかし新書としてコンパクトに纏まっており、日本語も大変読みやすい。辻田さんはまだ2若い研究者ですが、これだけの書籍をかけるという力量は素晴らしいと思います。

    本書では「君が代」の紀元、国家になるまでの道のり、各国の国家との対比などが丹念に描かれていきますが、驚くべき事実が満載で、雑学としても楽しめる一冊です。ネタバレになりますので一部のみ書きますが、例えば「君が代」が和歌として普及していたこと、最初は国民になかなか受け入れなれなかったこと、メロディには複数のバージョンが合ったこと、普及には大変な努力を要したなど、意外な背景が明かされていきます。

    今まで漠然と歌っていた「君が代」にこんな紆余曲折の歴史があったとは。「君が代」さんが大変な苦労人であるということがわかり、なんだか情が湧いてきました。

    国歌について学ぶと、人はなぜ歌を必要とするのか、なぜ国歌が国のシンボルとなるのか、なぜ欧州諸国の国歌は血みどろなのかということを考えざる得ません。しかし、一方で面白いのは、欧州諸国は民の集合のシンボルとして国歌が必要だったのに対し、日本には自然発生的に国歌というものがなかったことです。文明開化を経て日本では国歌、軍歌、社歌、校歌というものが一気に普及しましたが、「なぜなかったか」ということに関しては、文化人類学的な考察ができるかもしれません。

    ところで、イギリスでは、国歌を歌えない人がかなりおり、先日ゴールデンタイムに放送していたBBCの番組では、街角の人に国歌を歌ってくださいと頼んで「あれ、なんだけっけ?」となる場面が放送されました。

    学校でも校歌を歌う機会がなく、起立、礼、旗に敬礼なんてありませんので、ここでは、国歌を歌うかどうか、規律したかどうか自体が問題になりません。しかし、イギリスという国は落ちぶれつつも、なんとか生き延びているので、国歌がなければ大問題というわけでもなさそうです。ちなみに、自分の贔屓のサッカーチームの応援歌は完璧に歌える人が多いです。

    以下もおすすめです。



    日本の書店で発見し速攻で買い求めた本です。ソ連、北朝鮮の軍歌のマニアックな歌詞がたまらなくいいです。



    一般公募で集まった軍歌の歌詞に心が踊ります。メッタクソな歌詞なのですが、プロより一般民の作詞のほうが過激だったようです。ちなみに軍歌はレコード会社がバンバンだしていたので、別に軍からの押し付けではなかったというのも驚きです。

    スポンサーサイト

    【書評】「『小顔』ってニホンではホメ言葉なんだ!?ドイツ人が驚く日本の『日常』 」



    著者のサンドラさんより献本頂きました。大感謝★

    「ドイツ人もびっくり」の漫画シリーズ第二弾ですが、本作ではドイツさんの恐ろしいまでのケチっぷりや合理主義が説明されており、なぜドイツさんが環境保護とかリサイクルが得意なのかよくわかります。しかし、実はツンデレなドイツさん。ごついビルケンシュトックのサンダルを履いていて、ノーメイクでも、困った人がいたら助けるという、優しいところもあり。

    しかし、ドイツさんの「俺!俺!俺!」な感じを知ると、例のディーゼル車やら掃除機、最近話題の数々の偽装やドイチェ銀行大金を間違った客に送りました事件が「ああ、はやり」という感じで納得してしまったりするのです。でも私はなんだかんだいってドイツさんの作る「モノ」と温泉は好きです。

    合わせてこちらも読むと、ドイツさんのことを深く理解できるでしょう。

















    【Kindleお勧め】PHP研究所のおすすめ本です。

    割と硬派な本が電書になっているのでお勧めをまとめました。



    まずは手前味噌ですが私の本です。今回の本は海外データを豊富に入れた真面目系です。



    これは珍しい本です。辞書編纂者らしいマニアックなネタが満載で、雑学としても面白いです。



    いつも激怒している中島先生のアンチ幸福本です。私は先生の大ファンなのですが、たしかに世の中には「どうしたら幸福になるか」といった本が溢れています。でも幸福になんてなる必要はないんです。



    知らなかった「あれ」の名前がわかってすっきりします。英語版もあるといいな。。。



    イグノーベル賞の名前を知っている方は多いと思うんですが、その背景や、どんなトンチキ研究が受賞しているかを知らない方は案外多いのでは。大変真面目かつ楽しい本です。



    論ではなく具体的な手法が書いてあるのがいいですね。ハンズオンな本なのにこの値段。お得です。ビジネスだけではなく普段の生活でも、ある情報を見かけたら、その真偽や発信者の意図、自分にとっての利益などを分析できるようになりたいものです。



    中国の行動様式の裏には歴史があるということがよく分かる本です。千年単位で培ってきた土地柄ら国民性というのは数十年では変わりませんので、中国はこれからのあの調子でしょう。



    大変納得する内容です。学生運動があんなに盛んだったのに、左翼の人々が支持を得られなかった理由は、要するに、経済的な利益を国民に与えることができなかった、ということでしょう。確かに左翼の人々の意見を鵜呑みにしても、新しい仕事が生まれるわけでも、給料が上がるわけでもありません。



    私は自己啓発のたぐいは嫌いなのですが、本田宗一郎さんの本は別です。「あれをやったらうまくいく」とショートカットを書いてあるわけではなく、宗一郎さんの人間味が感じられるからです。動画を見るとほんとに面白いおっちゃんだったんだなあと感じますよ。





    これは珍しい本ですね。一般読者向けに飛行機を飛ばすノウハウや裏側をわかりやすく書いてあります。こういう仕組みがあるからあの鉄の塊が飛ぶわけです。しかし色々な管理の仕組みやコツがあるからかのうなわけですね。びっくりしました。



    援助というのは戦争に変わる外交戦略なわけですが、日本の戦略はじつはどうなの?と率直に書いた本です。古森さんの分析は毎回単刀直入で良いです。








    Kindleで機動戦士ガンダムOrigingが30円です!

    なぜか謎の値段になっています。セールでしょうか。早く買いましょう。







    【Kindleおすすめ】「アドルフに告ぐ」等々良い本が揃ってます

    赤子が家中に巻き散らしたポップコーンの型付けとか、テレビを破壊しようとしてるのを阻止するとか、テレビに写ったバカ殿を車で名殴りつけるのを阻止とか、りんごの収穫が忙しく(秋なので庭の果物の収穫や農作業も大変なのです)Kindle本のおすすめを追えてなかったのですが、絶対に読みべき本が割引になっているではないですか。



    こんな名作がこんなに安くていいんでしょうか。私はこれ手塚作品の中で一番好きです。ハリウッド映画より50倍ぐらいスリリングで、切なくなるお話です。2−5巻も牛丼より安いので、この機会に揃えてしまってください。でも多分一巻を読んだら止まらなくなるでしょう(ふふ)



    初級の初級という感じで大変わかりやすい本です。専門家が書くからこそこのようにわかりやすい本になります。本来なら経済学の教科書をみっちりと読んでいただきたいのですが、教科書を読む前にざっと流し読みしてみてはどうでしょうか。中高生のお子さんにもおすすめです。



    論語の口語訳というのはあまり見かけないですね。実は中身はなんだか知らないという方多いのでは。なかなか心に響く名言満載です。古典は先人の知恵を学ぶのに最適です。



    様々な愛の世界がコンパクトにまとまっていて良いです。即買しましたw



    山田先生の名作です。大人向けの描写がありますが、とぼけた感じのユーモアが漂い、読後になんだか楽しくなります。思春期のモヤモヤとエネルギー満載です。男性の体も美しいです。



    私はなぜかアニメよりもコミック版の方が好きです。実はとても切ないお話です。


    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する