最近買ってよかったスノーブーツ&カナダの人がすすめる豪雪地帯必須のグッズ

    関東甲信越が雪で大変な事になっておりますが、ヨーロッパも急に寒くなり雪が降ったりしています。大陸ヨーロッパの方に行くこともあるので(イギリスより遥かに寒い)スノーブーツを履いて移動しています。



    これは日本で買ったのですが、防水なので全く水が入ってきまんので、雨の日に大活躍しています。足底のクッションも最高なので長距離歩いても平気です。しかもグリップが強いので石畳も全然滑りません(これヨーロッパでは超重要)キルティングが厚いので雪の日には長靴よりも良いです。日本では売っているのにイギリスや大陸ヨーロッパには入ってきてません(涙)

    また以下はスコットランドの奥地(超寒冷地)に住んでいた家人と、カナダの豪雪地帯に住んでいる友達数名がオススメする豪雪地帯の必須のブツです。ちなみに、ワタクシもニューヨーク州の奥地、マイナス20度になる豪雪地帯に住んでいた事がありますので、ワタクシのお勧めも含みますよ。

    まず必須なのが凍結防止剤。カナダとかスコットランドとかニューヨーク奥地だとこれを階段とか玄関にぶわっと巻きます。ちなみにロンドンでも駅前の階段とか凍るんで、ぶわっと巻きます。靴がドロドロになりますんで、良い靴は履けません(涙)玄関とか階段にお湯まいちゃいけません。危険です。



    除雪用のシャベルはプラスティックの軽い奴がいいです。鉄とかアルミのだと重くてダメです。腰に来ます。雪は結構重いです。



    バイクとか車にこれ必須です。玄関の取っ手とか、窓枠にも必須であります。車につんでおきましょう。




    車にはこれかけてます。タオルで代用する方法もありますが、タオルが凍ってしまうので。。。。



    雪で埋まった場合に、車に常備しておきたい脱出ツールであります。脱出用ハンマーとか非常灯、スコップは車に必ず搭載しておきたいですね。うちのボロ車にも乗せております。それから車から出た場合、夜だと対向車なんかから見えませんので、非常用ベスト必須です。暗闇を甘くみてはなりませぬ。。。ホント怖いんで。工具やハサミもお忘れなく。



    ガソリン携行缶も必須ですよ。立ち往生したらガソリンありまへん。カナダとかアメリカの奥地に住んでる人は結構持ってます。ガソリンス切れたら死活問題。311の時、うちの実家にはいくつかあったので助かりましたが、近所の人は用意してなかったので車乗れませんでした。ガソリンの取り扱いには注意して下さい。またガソリンの鮮度にも要注意。



    携帯トイレも必須です。車に常備しておきましょう。家で断水の場合もトイレ困ります!!これが結構な盲点。簡易トイレ買っておきましょう。



    断水の場合に備えて水は早めに貯めておきましょう。水道管が破裂する場合もあり。風呂桶に貯める方法もありますが、飲料用にはキャンプ用のタンクがいいです。飲料水以外の水も必要ですので雨水を貯めておきましょう。トイレや手洗いなどに案外必要です。




    手回し充電のラジオも必須であります。これライト付きなので一石二鳥。うちにも実家にも予備含めて買ってあります。



    車中泊する場合も、家で停電になった場合も毛布必須です。




    停電になった場合電気がアウトなので、石油ストーブ必須です。うちの実家は昔ながらの石油ストーブであります。一番左端のですが、これ強烈なので20畳の居間も速攻であったまります。311の時も近所の方にうらやましがられました。エアコンしかない人絶対に買っておいた方がいいです。マッチかガスライターも常備必須ですよ。電池で着火できないことがあるので。イギリスとかスコットランドで暖炉のある家だと石炭とかマキですが。



    湯たんぽもバカにしてはなりません。お湯を入れておけば数時間はあったかいです。じんわりとあったまるので、これ入れて布団に入ればオーケー。なお、お勧めは昔ながらのアルミのですよ。アルミだと直接ガスコンロにかけられるし、あったかさが持ちます。実家では40年以上使っております。タオルでカバーする方法もありますがズレるので専用カバーを忘れずに。なお湯たんぽはイギリスではホットウオーターボトルと言いまして、現役で大活躍です。以外とアナログな物が人気です。ワタクシは普段から愛用です。これと腹巻きで寒さ知らずです。




    カセットコンロも必須です。ガスが切れる場合がありますし、オール家電なお宅だと電気切れるとお終いです!実家の近所はオール電化で大雪停電の時に超悲惨な目にあいました。キャンプ用のストーブより強烈なんで、うちではキャンプ行く時もこれです。ガスボンベ買っておくと、カセットコンロ式のストーブにも使えます。



    炭やマキ、七輪も用意しておくと良いです。最悪の場合は暖を取りながら料理できます。七輪は安いんですが、調理も暖も取れるので超お勧め。普段使いにもいいです(特にホルモン焼く場合)



    缶入りのロウソクもお勧めであります。缶に入ってると垂れてきませぬ。



    停電に備えて発電機もゲットしましょう。一個あると安心です。なお、お勧めはヤマハかホンダです。ヤマハは楽器を作っているだけではなく、船舶のエンジンなども作っており、信頼性が高いです。(なおワタクシの家族はエンジン屋ですがヤマハさんもホンダさんも長い長いおつきあいがございました)



    非常食もゲットしておきます。アルファ米のは結構美味です。チョコとかキャラメルは少量でエネルギー取れますんでお勧めというか必須です。缶切り付きの10得ナイフも忘れずに!(これが忘れがち)




    個人的には小天狗さんのオデン缶が好きであります。パンの缶詰めは結構美味です。(保存食を色々試食しているのです)



    極めたい方はMREで。これ本ちゃんのとはちょっと違いますが(まあ、本ちゃんの米軍のはちょとあれですが)、カロリー大量摂取可能であります。あと極めたい場合はスパムが必須です。



    お風呂に入れない場合はドライシャンプーが良いです。これうちのお婆ちゃんの介護用にも使ってました。



    雪の時の服装は以下がお勧めです。まず最初のは靴にかませるスタッドで、ゴムのが伸びるんでお勧めです。イギリスでも買ってる人多いです。道路が凍るのであります。スタッドなしでの歩行は危ないです!!ヒールとかスニーカーは論外!!怪我したくないなら買って下さい。

    ブーツやウェア類はコロンビアがお勧め。カナダ人もイギリス人も結構着てます。パタゴニアなんかより安いですが、機能は十分であります。長靴よりも雪用のブーツがホッカホッカでお勧めです。靴下は山用がお勧めです。あったかさが違います。しかも長持ちです。ワタクシは家の中でも履いてます。(冷え性なので)

    ちょっと高めの防水ジャケットにフリースの重ね着だと下は薄着でも平気です。寒冷地の人はジャケットだけもの凄い良い物を着て、下は薄着という事が多いです。室内は暖房が効いてますので。ただジャケットは絶対に防水のじゃないとダメです。ダウンは濡れるとダメなのでお勧めしません。なお山用のスノージャケットは、袖口に色々工夫があって、風や雪が入りにくくなっています。こういう工夫が安物との違いです。袖から雪が入ってくると相当辛いです。山用のフリースは暖かさが違う上、何年も持ちますのでコスパが高いです。なお、カナダやスコットランドの人は、こういうジャケットやフリース、ブーツには投資しますので安物は買いません。安物買いはお金の無駄です!また、デザインより機能で選びましょう。色は実は派手な色の方が良いです。暗い色だと夕方や夜、人や車から見えませんので。


    雪が深い時は「かんじき」かスノーシューが良いです。



    Zippoのハンドウオーマーもなかなか良いです。これは弟に教えてもらったんですが、何度も使えますので経済的です



    カイロも必須です!!冷え性なのでカイロは色々使いましたが、やっぱりホッカイロが一番持ちが良い様な。足下用カイロも必須です。




    あとですね、腹巻き必須です。あったかさが全然違います!ワタクシはパンツがついてるタイプを愛用中。



    下着は山用が良いです。乾くのが早い上、あったかさが普通のホカホカ下着と全然違います。しかも洗ってもへたれません。10年ぐらい使っても平気です。高いですがコスパが全然違います。安物何枚も買うより山用を買って何年も使う事をお勧め。普段使いも可能です。ワタクシはモンペルの男性用XSを愛用。



    重要な物を書き忘れておりました。(昨夜思い出した!)消耗品も流通が止まるのでストック必要です。まず忘れがちなのがトイレットペーパーです。ない場合は葉っぱとか水とかヘラで何とかする方法もあるんですが、断水した場合ヤバいです。ワタクシは常に多めにそろえてますが、日本の実家用には以前業務用のを300個一気に買いました。

    しかし、気をつけて下さい。300個は結構重いので、おいてあった部屋の床が抜けました。。。。そして来客には「何これ」と聞かれたのです。

    でもね、困りますわな、紙がないと!!業務用は安いので普段使い用にもグーです。なおうちで買ったのはこれですが、シングルだと尻が痛くなるのでダブルです。

    ティッシュも案外使うので買っておくですよ。断水になったら困るからウェットティッシュも忘れずに。痔の人にも必須ですよ。ウオシュレットは停電でアウト!!! 痔の人はノンアルコールのウェットティッシュで!!

    あと女性用に生理用品。あがっちゃった人はいりませんが、まだある人はこれはないと困る!!長時間用の巨大なのを買っておいて枚数を節約しましょう。





    停電になった場合、一番困る事の一つがスマフォとか携帯、PCの充電ですね。テレビ見れなくてもネットが使えないのは困りますから。我が家ではモバイルバッテリーを複数常備で常に充電しております。メインは大容量の物で、あとはいくつかお出かけ用のがあります。大容量は一個ないとダメですよ!ケチっちゃダメ。容量が小さい物はお出かけ用は常に携帯しておいた方がいいです!電車とか会社で足止めになった場合に助かりますので。ちなみに日本の方が色々種類があるので日本から輸入しましたが、日本トラストテクノロジーのはなかなか良かったです。うちには念のためにソーラーの充電器もあります。単三などの充電池はエネループがお勧めです。充電池は過去色々買いましたが、電池がダメになるのが早い!しかしエネループは持ちがいいです。電池が必要なデバイスがある場合は必須。停電の合間にせっせと充電するんです。



    あとですね、一家に一冊、軍用のサバイバルガイドを用意し読み込んでおきましょう。我が家はミリヲタですので熱心に読んでおりますが、はやり軍用ガイドが一番です。柘植久慶先生の本は胡散臭いという噂もありますが一応読んでおきましょう。ガールスカウトかボーイスカウトをやってなかった方は冒険手帳を読む事。なおワタクシは元ガールスカウトです。



    え〜ライトは何と言ってもマグライトが良いですね。明るさが強烈です。米警察で使ってますので業務用です。でかいのがお勧めです。我が家にももちろん常備ですよ。




































    スポンサーサイト
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する