英文読解力を付ける

    読解力を付けるのはどうしたらよいか。これも単語や熟語と同じく「読むしかない」。

    ここでいう「読解力」とは、ある文章に接したら、文章を視覚的に解析し、単語や言い回し、文法を理解し、意味を迅速に理解し、咀嚼する力のことなのですが、この力は、練習しないとみにつかない。

    すなわち、ある程度の量の文章を読み込んで、文章を効率的に理解するコツをマスターし、自分の目や脳を文章を読むという作業に慣れさせること。柔道の形を体に覚えさせるのと全く同じ理由です。

    英語に限らず、書籍や雑誌、新聞、ネット等々で日本語に触れる機会が多い人が、文章読んで理解するのが早いのと一緒。

    さて、英語の場合、文章読むにしても単語や文法がそもそも分からん、というバリアがあるわけですが、それを越えるにはどうしたらよいか。

    まず文法は、文法書を頭に叩き込んで、分からない部分が出てきたら「推測する」。

    実は絶対に分からなければならない文法というのは英語にはそれほど多くはなく、

    ・最低限「主語+動詞+目的語」という順番で文が組み立てられている
    ・動詞が変化する
    ・Be動詞がある
    ・仮定形を使うことがある
    ・疑問形にするときは分の構造が変わる

    ぐらいの基本的なことが分かっていればOKなので、良く分からない部分は飛ばしてしまっても大体の意味は分かるわけです。

    しかも、普段読むような新聞や雑誌、ネット上の文章、論文、技術文書等、「読むべき文章」「仕事等で読まざる得ない文章」というのは文学作品ではないので、実は割りと平坦な文法で書かれていることが多い。特に技術文書やマニュアルなんかの場合は、不特定多数の非ネイティブが目にすることを想定して書いてあるので、かなり平坦な表現になるように気が使われている。教科書だって同じです。ですから恐れることはありません。


    次、単語とか熟語。これはすでに紹介した単語集をやって、「語幹」を覚える。覚えたら文章を読んで、分からない単語の意味は推測する。文脈から推測すれば大体の単語の意味は分かるわけです。ですからこれも推測。

    というわけで、「推測する」「慣れる」をキーワードにドンドン読んでいけばいいわけです。

    その次のコツは「英文の構造を理解すること」これが実は物凄く重要。日本の学校では教えないことですが、実は英語の文章って公式なものほど「型」に沿って書かれている。「型」に沿わずに書かれた文章は、多くの人が理解できないので、すなわち「悪い文章」とされてしまうのが英語の世界です。

    英語が母語の国では、小学校ぐらいの頃から、徹底的に文章書かされて「型」を守った文章の書き型学びます。「感情をこめろ」とか「主人公がどう思ったか書け」なんて意味不明な作文指導はないわけです。常に「この方式で書け」「他の人が意味が分かるように書け」と指導される。情感なんかどうでも良いわけです。

    で、この「型」とは何かですが、簡単に言うと

    結論

    理由

    理由

    理由

    という「ピラミッド構造」の文章です。実に単純。結論を文章もしくは段落の一番最初に書いてしまって、あとは理由を説明していくという方式。


    日本だと理系の人や外資系コンサルティングファームに努めている人が徹底的に訓練される書き方です。

    英語圏の論文や新聞の記事、雑誌記事を分解してみると、多くがこの形で書かれています。一部文学作品やエッセーなんかは除きますけど。何でこの書き方かというと、誰にでも短時間で情報を伝えられるからです。先に結論わかってりゃ、理解は確かに早い。

    英語というのは、大英帝国に始まり、アメリカやオーストラリアみたいな国が出来て、多種多様の雑多な人達が使っている言語になりました。ですから、日本の作文の授業で重視される「情感」よりも、「情報をいかに早く、正確に伝えるか」が重要なことになってるわけです。

    英語圏の人達は、特に仕事の文章はこの方式の文章に慣れているので、違う流れで書いてある文章を目にすると、読んでも意味が分からない。そして、さくっと意味を理解できないので、最悪の場合激怒します。自己中心的な考え方ですけども・・・。まあ仕事の場合時は金なりですから仕方ない。

    ちなみに日本語の文章の多くは、「ほにゃらら、ほんにゃらら」と前書きが異様に長くて、最後に結論がちょこっと、しかも、主語が曖昧で、「結局何が言いたいの?」という風に書かれているものが多いです。例えば良い例は新聞の社説。私はあれ何度も読みますけど、5秒で意味が理解できたことが一度もない。

    日本の人の英語読解力を高めたいなら、私は、まず小学校の作文の授業から変えるべきだと思っています。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する