スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    マルちゃん正麺 が思いのほか美味だった件とその他うちに常備している食品など

    日本の実家より救援物資が到着しました。今回は「マルちゃん正麺」でありましたが、思いのほか美味しゅうございました。普通のインスタント麺かと思ったんですけど、麺が割とコシがあってナイス。乾麺から茹でた状態に近いかな。しかしインスタント麺を食べたのは一年ぶり位でありましょうかね。しかしやっぱり胸焼けした。年だ(涙)

    今回食べたのこの種類↓



    関係ないけど以下自分が好きな食べ物。

    これはこっちでも売っていて結構安いので助かる↓



    うちに常備のカレー関係もの。シェアウッド は英のインド人が始めた会社なのだけど、こっちで多分一番人気がある。野菜と肉を放り込めば本格インドカリーの出来上がりですこぶる便利。こっちだともっと種類がある。ティッカマサラとコルマガとビリヤ二が特に良い。ビリヤ二はインド風焼き飯である。作る際はバスマティ米でやると美味というかバスマティ以外は使ってはならぬ↓



    バスマティ米もうちに常備。インドカリーの時は絶対にバスマティ米である。こっちだともっと種類が多いんだけど、密林でもこのブランドがあった。これはこっちのインド人も買っている。↓



    パスタはいつもディチェコである。これはイタリアでもメジャー。ちょっと高いけど使っている小麦粉が全然違うので味が全然違うのだ。リングイネとフィットチーネ が好み。日本の人はやたら細い麺に濃いソースをぶっかけてしまうがそれは間違い。店屋でもそれをやるので困る。全然合わない。ソースによって麺の太さと形は使い分けないとダメである。ちなみにこっちでは素麺は高いため、カッペリーニで代用。なお、英ではおされスーパーで売っているが、英人はパスタの料理の仕方を知らないので国産メーカーのべちょべちょパスタを買っている。カワイソウな人々である。↓



    自分はイタリア原理主義なので、トマト類はイタリアから輸入した物しか使わないのだ。メーカーは違うけどパッサータとトマト缶はイタリア産を常備。味が全然違うのである。↓



    塩はいつもこれ。家人がバカバカ使うのが悩み(こっちでは日本よりは安いけど。。。)↓















    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。