お金をかけずに英語を学ぶ方法 

    Twitterでお金をかけずに英を語学ぶにはどうしたらよいか?という質問を頂くことが多いので、以下思い付く方法をまとめてみます。

    1.NHKの語学講座を活用する


    「ええ、NHK?!」とか侮ってはなりません。

    日本において最も安く効果的に語学を身につけることができる最良の手段の一つです。

    (注)ちなみに筆者はNHKの回し者ではありません。

    NHKの語学講座の良い点。

    まず激安な点。必要なのは教科書代(360円)と、ラジオ聞く電気代と、広告の裏とペンとメモ帳。多分一ヶ月のコストは500円行かないぐらい。吉野屋で牛丼食べるの1回我慢すればOKな値段。

    次、通学しなくて良く自分の都合にあわせて勉強できること。社会人だと忙しいので通学は無理という人もいるけどもこれならOK。

    さらに質が素晴らしい。企画設計も講義もNHKの審査を通った一流の先生方。語学専門の方々が教えているし、発音もとても綺麗。それなのに無償で受講できるわけです。ありがとうNHK様。

    その辺の民間の英会話学校は、母国で語学を一度も教えたことがない素人ネイティブや、英語がちょっとわかるだけの日本人が教えていたりします。教える人も素人なら、講座の内容も素人です。言語学をみっちりやったような人はいません。英会話の練習なんて茶飲み話しレベルです。しかし一時間5000円とか3000円ですから、NHKのコスパは際立っています。

    教科書の質も侮ってはいけません。執筆者はNHKの審査を通った一流の先生ばかり。きちんとした校正を経ているので、内容が正しい。本屋で売ってる英語テキストや参考書には実は結構間違った内容のものが多いのです。素晴らしい内容なのにたった400円程度です。



    次に勉強方法です。

    まず、放送がある日は毎日放送を聞き、放送を録音しておく。ライブで放送を聞くことができない場合はタイマーで録音したり、後からストリーミングで聞いてもOK。教科書は事前に読んでおき放送を聞きながら注意点などメモ。そして単語や英文をすべて暗記する。

    放送終了後(できたら放送と同じ日)に例文の部分を聞いて、内容を書き取り、教科書と照らし合わせて答え合わせ。間違いはその場で覚えてしまう。間違いはメモか何かに書いておいて電車の中で覚えたりしても良いです。

    放送は大体20分なので、書き取りの時間を加えても大体30分。週5回30分を繰り返すと、一週間で150分。一ヶ月で600分=10時間程度。継続は力なりなんだけども、これを数ヶ月繰り返すとかなりの量の単語や例文を覚えることが可能になります。

    ちなみに、これは筆者が高校生の時通っていた英会話で、英語堪能だった会計士の方に教えてもらった方法。高校3年間これを継続したので、TOEFLを受ける時も留学した時も物凄く楽でした。



    番組は色々ありますが、日本で大学に在学中、もしくは大学を卒業した社会人の方には、「実践ビジネス英語」がお勧めです。

    講師の杉田敏先生が実際ビジネスの現場にいた方なので、実務で役に立つ表現が頻出。杉田先生のお声も素晴らしくとても聞き取りやすいです。

    ちなみに、平行して、杉田敏先生がお書きになっている参考書で自習するのもありです。以下がかなりお勧めです。



    2.無償の英文をいろいろ読んでみる

    日本は世界最高の通信環境を持った恵まれたお国。普通の人なら家からガンガンネットが使えるわけですが、今やネットを使えば一流の英文をガンガン読むことができるわけです。しかも無償で。

    ビジネス系でお勧めなのはThe Times, The Economist, Financia Times, New York Times, Washington Postなどの新聞。有料じゃないと読めないものもあるけども、日本の新聞と比べたら内容充実しているし安いしで、有償でも読む価値あり。毎日毎日読めば英語力もつくし、海外情報にも詳しくなるのでグー。



    海外の中央政府が出している白書や研究を読んでみるのもありです。なんで政府の?と思うかもしれませんが、政府の文章は無償公開されている上に、不特定多数の人でも分かるように、分かりやすい英語でかかれているので、とても読みやすいのです。どの程度の単語数を使うか、どんな公正にするかというライティングガイドがあり、それにそって、中学2年生程度の学力で読みこなせるように書いてあります。(これをシンプルイングリッシュと呼びます)

    そして書いてる人は、外注の大学の研究者やシンクタンクの人だったりするので、構成や内容は実は深いです。シンプルに書くには内容を徹底的に理解していないと無理ですので、こういう専門家が書くわけです。

    お勧めは、英国通信庁(筆者は仕事上通信関係文書を読むことが多いんですが)米国会計監査院(色々な文書が出ている)、さらに各国の防衛省(マニアックな話題に詳しくなりますよ)等々。

    グーグルで検索をかけて色々な学術論文読むのもありです。無料で出ているもの結構あります。学生さんならこれをガンガン読んでみる。難しいけどなれれば平気。自分の専攻分野だと何本か読むと「おお、こういう書き方なのか」と大体読むコツがわかるわけです。

    IT系ならベンダのだしているマニュアルなんか沢山読んでみるのも面白いです。大体無料。内容もあまり難しくありません。

    英語の読む力をつけるには大量に読むしかないわけですが、仕事とか留学で英語読みたいなら、自分の分野に直結した物を読むのが早いです。小説は時間の無駄です。

    3.大学の公開講座を使ってみる

    英語を無償で学ぶのに、Opencoursewareを活用しない手はありません。これは大学の講義を無償で公開してしまうというかなり大胆な試みで、米国のMITが元祖。最近は日本の大学もちょぼちょぼ参加。この活動で公開されているシラバスや教材を読みながら自習すれば、わざわざ留学しなくても相当高度な英語&教育内容に接触することができるわけです。しかも無償。なんとありがたいことでしょう・・・・

    参加大学はこちら
    オープンコースウェアコンソーシアム

    4.英語圏の人とオンラインで交流

    日本の漫画やアニメの人気で「うへぇ日本人と交流したいぜ!」という方々が世界中には山のようにおります。元々日本に興味がある方々なので、つたない英語であっても気長にボイスチャットなりメール交換なりに付き合ってくださるありがたい方々です。

    その様な人々をどこで探せばよいか?ネットを使えば案外簡単にみつかります。みつかったらメルアドを交換するなり、Skypeのアドレスを交換するなりして、ボイスチャットしたりメール交換でもやれば、アウトプットの訓練が可能になるというわけです。

    以下は日本好きな英語圏の人を探すのに便利なサイトです。

    メトロポリス
    Japan Guide
    Japan Zone

    あとはFacebookに集っている日本好きの人とでも友達になるのもありでしょう



    日本好きの外国の方はアニヲタが多いので、流行のアニメネタなど英語で説明できるようにしておきましょう。



    5.英語圏の人とリアルに交流

    都内近郊の人なら週末六本木あたりに繰り出して、その辺の外国人の方に話しかけてみるというももありです。週末のパブやバーならみんな気分が開放的ですから、会話もしやすかったりします。神奈川とか沖縄の人なら米軍基地でバイトという飛び道具もあります。お金のある社会人ならフィリピンパブに通いフィリピンの方と英語で交流という方法もあります。

    外資系企業にバイトとして入って、仕事場で英語を学ぶという方法もあります。若干ハードルが高めですが、英語ができないと仕事にならなかったりしますので、学ばざる得ないという状況に自分を追い込む荒療治です。

    6.Youtubeで英語圏の公演や講義、テレビを見まくる

    ありがたい世の中になった物で、Youtubeには英語圏の無償の動画が大量にアップされています。ニュース、企業の偉い人のスピーチ、ホームビデオ等々雑多な動画を見まくることで自然に耳が慣れていきます。流しっぱなしにするのもあり。

    ちなみに英語の「インプット」(頭の中に入れる)はある程度は無償で自習できるわけですが、アウトプット、特に書きに関しては、自分が書いた物を、大学なり記者なり「書く仕事」をしているネイティブに添削してもらうのが一番早いです。

    スポンサーサイト

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    【2011年1月】英語関連ホットエントリーまとめ

    2011年1月1日 エンジニアの英語勉強法 エンジニアの、というほど特化しているわけではありませんが、昨日のエントリに英語のことを少し書いたら英語の勉強法について書きたくなったので、まとめてみました。Smart.fm - 世界最大級英語学習コミュニティーサイトPC上で単語…

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    Mayさん、はじめまして。twitterで中国語を勉強するのにNHK講座がPodcastになればというのを見ました。Podcastではありませんが、ストリーミング放送をキャプチャしてmp3で保存できるソフトがあります。参考までにURLを。
    NHKラジオ語学講座ストリーミング http://www.nhk.or.jp/gogaku/streaming.html
    NHKラジオ語学番組キャプチャツール http://www.takanashi-it-factory.com/archives/434
    参考ホームページ http://nakamura-hiroshi.com/blog/archives/007888.html

    No title

    話せなくてもいいから、読めるようになりたい。

    とても素晴らしいエントリをありがとうございます。

    1つ目のトピックで「NHKの口座」と表記されてますが、「講座」が正しいのではないかと思うのです。

    No title

    参考になりました。

    私の母が教師で英会話の◯EOSなどに行っているのですが、
    大変高コストで悩んでいました。
    ぜひ紹介してみたいと思いました。

    ありがとうございました。

    参考になります!

    はじめまして。

    英会話の勉強方法っていろいろあるんですね。

    以前、駅前留学をかじったんですが、時間的に通いきれず結局断念しました。

    いまも色々情報収集しブログで紹介しながら研究しています!

    参考にさせて頂きます!

    No title

    とても参考になりました^^

    ありがとうございます^^
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する