スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    週刊めいろま Vol.53 イギリスのヘイトスピーチ規制(2)

    ■ 目次
    1. イギリスのヘイトスピーチ規制(2)
    2. 英語でポン!: institutional racism
    3. Q&A

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1. イギリスのヘイトスピーチ規制(2)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    最近日本でも憎悪言論(ヘイトスピーチ)が注目を集めているので、これまで何度か取り上げてきましたが、前回のメルマガでは@bonniichan さんからの質問に答える形で、ヘイトスピーチの規制に関して書きました。今回はその続編として、イギリスの規制が厳しくなったきっかけについて解説します。

    まず読んで頂きたいのはイギリスにおける憎悪犯罪に関する規制の変遷です。

    - - - - - 無料版はここまで - - - - -
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。