スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「週刊めいろま」 Vol.61年始合併号 Q&A特集

    ■ 目次
    1. Q&A
    「働く人と無職ではどちらが鬱になるか?」
    「英のエリートには変態が多いか?」
    「英の階級はHの発音でわかるか?」
    「ネットショッピングにカードを使うか?」
    「お勧めのメルマガは?」
    「英検は英語力を正しく評価するか?」
    「電子書籍の将来は?」
    「読むべき本を選ぶ方法は?」

    皆さんあけましておめでとうございます。本年第一回目のメルマガの配信です。新年号ということで今回もQ&A特集です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    1. Q&A

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    @riru_chim さんからの質問
    無職と働くのと どっちが鬱になる可能性高いとおもいます?

    回答:
    新年から思いっきり凹みそうな質問でありますが、今年はアメリカ以外の先進国はどこも景気が悪くなりそうなので、タイムリーな質問と言えば質問ですね。

    働いていても鬱になる人も少なくありませんが、無職の方が鬱になる確率が遥かに高いことが調査で判明しています。

    例えばアメリカの大手調査会社であるGallup-HealthwaysのWell-Being Index(健康インデックス)という調査では、356,599人のアメリカ人に対して大規模な調査が実施されましたが、鬱病で治療を受けている無職の人は12.4%ですが、フルタイム(日本の正社員に該当)の有職の人の場合5.6%です。つまり、無職の人はフルタイム有職の人に比べて鬱で治療を受ける確率がなんと2倍になります。

    - - - - - 無料版はここまで - - - - -
    続きはブロマガを購入して楽しもう!
    このコンテンツはブロマガ(有料)です。
    購入すると続きをお楽しみいただけます。
    ブロマガって何?
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。