スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ロジックツリーをマスターするには

    前のエントリーで紹介した「論理的に文章を書くコツ」は、相手に伝わる英語の文章を書く上で、最も重要なことの1つです。

    中央官庁の報告書の分析でも、コツを学ぶことは可能ですが、英語圏の企業や大学で使われている書籍を読んでみるのも良いでしょう。

    まず「基本書」と言われているのが、バーバラ・ミント氏の書籍です。これは私が昔の職場であるある総研で、マッキンゼ-やアンダーセンコンサルティング出身のマネージャに「徹底的に読むように」と指導していただいた書籍です。

    ロジックツリーの作り方や論理的な考え方が分かりやすく書いてあり、英語圏の人に理解してもらえる文章を書きたい人にとって、必須の書籍です。内容を暗記するほど繰り返し読んで、基本をマスターしてください。

    もともと英語で書かれた本なので、英語版の方がスムーズに内容を理解できます。英語版に出てくる単語や言い回しも役に立つ物が多いので、是非英語版にチャレンジしてみてください。



    英語の「書き方」その物に関しては、MLA Handbook for Writers of Research Papers,The Elements of StyleとThe Chicago Manual of Style がお勧めです。これは米国の大学の新入生や留学生の多くが手持ちにする本で、コンマの打ち方、動詞の使い方、引用の仕方など「書き方そのもの」のマニュアルになっています。

    英語を書くに当たっての基礎の基礎となることが書いてありますが、日本の高校や大学、大学院ではこのような基礎を教えていません。教えることができる教員がいないのが原因の一つでしょうし、教えることの重要性が理解されていないのでしょう。英語圏に住み、英語で研究やビジネスをやった経験がなければ分かりにくいのかもしれません。

    英語で文章を書きたい方は手元に一冊置いておくことをお勧めします。




    スポンサーサイト

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    The Chicago Manual of Style

    シカゴマニュアル。シカゴ大学出版 The University of Chicago Press の編集規定をまとめた本.米国では,シカゴ大学出版のみならず,多くの出版社の出版スタイルがこの本に準拠している.体系的に書かれてお...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。