スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【Kindle本】ブルーバックスお勧め 英語で読むNature、英語論文執筆、統計本他 

    ブルーバックスシリーズは硬派な内容、充実した執筆陣という割には、コンパクトで、大変お手頃価格なので大好きなシリーズのひとつです。

    しかしこういう良書が格安で手に入るというのは、日本ではこういう知的な本を買う人が多い=全体的な教養のレベルが高い、ということです。売れなければ印刷されませんから、買う人がいるということです。他の先進国はこういう本は専門書でしかなく、入手が大変なので、科学、宇宙、医療、哲学などの「知」が大衆化していません。特に「階層」格差の凄まじい英米カナダはこういう本がありません。イタリアやドイツに行くと、大衆が哲学や芸術の本を買っていたりしますが、しかし日本ほど本が豊富なわけではないのです。





    これは理系の方だけではなく、技術系の会社に勤めているサラリーマンの方や、文型の方も必読の一冊です。日本人が間違え安い英語表現がコンパクトにまとまっています。理系にフォーカスしていますが、文系の方でも十分活用が可能です。



    ワタクシは英語力を身につけるのには良い英文にたくさん触れることを推奨していますが、ネイチャーの様な学術雑誌も良い英文のひとつです。文系の人こそ読んでみるべきです。日本語で読むと難解な科学技術や生物の世界の最先端が、英語だと驚くほど分かりやすいのです。文章の構造や使われている単語なども勉強になるのぜぜひ。



    「熱」とは何か、エントロピーとは何かが、ブラックホールからみじかな例まで幅広くカバーされており、大変面白い一冊です。文系の方こそこういうのを読むべきです。世の中であたり前だと思っていることには法則があること、なぜ当たり前のことが起こるのか、などの新しい発見があり、毎日の生活が楽しくなります。



    宇宙は何からなりたつのか、そもそも、我々は何からできているのか。天文物理学者は何を明らかにしようとしているのかがよくわかります。宇宙に比べると日々の生活の悩みや争いというのは実に馬鹿げたものです。相対論的宇宙論も併せて読むと理解が深まります。



    老化がなぜ起こるのかを、細胞生物学の観点から解説した本です。老化というのはDNAレベルで組み込まれた仕組みであるというのが大変興味深いです。



    この本は「日本ズゲー」と最近のテレビのように適当に持ち上げているわけではなく、日本の産業史を踏まえた上で、日本のモノ作りの強さを説明しているのが素晴らしいです。



    これは中高生に読んで欲しいですが、統計の初歩を知りたい大人が読んでも良い本です。ギャンブル必勝法を解説しているわけではなく、ギャンブルを入り口に、統計の基礎を解説します。勝てるギャンブルというのはないというのがよくわかりますので、パチンコや競馬が大好きなお父さんにプレゼントしましょう。



    これはワタクシ紙で持っています。プロジェクトマネージメントの大枠というのは今でも変わっていません。基本は70年前と同じです。PERTやプロジェクトマネージメントを学んだことがない方は一読することをお勧めします。基礎が詳しく説明されています。



    これは政治的なアジテーション本ではなく、日本の原子力施設に関するデータを網羅した本です。入門編として最適です。こういう客観的なデータに沿った本というのがもっと読まれるべきでしょうね。



    この本はわからないことはわからない、と正直に書いてあります。人類は放射能に関してはまだわからないことが多いので、こうだ、と言い切れないことも多いのです。最新の動向を網羅している入門書として良い一冊です。



    認知症を脳科学から解説した良書です。素人にもわかるように書いてあります。脳の器質変化というのは、年をとると誰しも避けられないことだ、というのにびっくりする人が少なくないかもしれません。認知症というのは誰にも起こり得ることなのです。要介護の家族がいない方、お若い方も読んでください。



    ボールが飛ぶ、飛行機が飛ぶ、物が落ちる、には全て法則があるのです。その法則を見つけ出したのもすごいですが、法則がわかったことで、人類は進化したのです。文系の方こそ読みましょう。



    原爆の仕組みというのを知っている方は案外少ないのではないでしょうか。原爆の開発は、近代原子物理学の発展そのものであり、元々は兵器を開発するためではなかったのです。理論だけではなくその歴史も学べる良書です。



    普段何も考えないで使っている電気の裏側には、偉人たちの驚くような発想や努力があったのです。「常識」に囚われていたらそういう発想はなかったでしょう。「普通」とは異なる物事の見方、考え方がなぜ大事なのかがよく分かる一冊です。






    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。