スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【Kindle本】丸山 眞男「政治の世界」フランクル「夜と霧」他 意外な名著がKindle化されています

    Amazonを巡回していてたまたまKindle化されているのを発見した本をご紹介します。意外な名著がこっそりとKindle化されていました。



    高校生の頃に読んで最も衝撃を受けた本の一つです。新版もでていますが、個人的には旧作が気に入っています。紙で入手をおすすめしますが、買いに行く暇がない方や、近所に書店がない方はKindle版でいかがでしょうか。衝撃的な内容ですが、一度は読んでおくことをお勧めします。人間は、どんな状況にあっても生きる希望をもつことができるのです。「それでも人生にイエスと言う」も一緒に読むことをお勧めします。



    合理的な思考をするはずの日本の軍人がなぜあの戦争に突入していったのか。その疑問に対するヒントが得られます。



    知らぬ間に上下が合体したのがKindleになっていました。この本は過去の日本を知るのに最適な一冊の一つです。武家と庶民の間の格差、日本の庶民の実態、アイヌの生活など、日本の歴史教科書にはでてこない驚くべきことがたくさん書かれています。外国人だからこそこういう作品を書くことができたのでしょう。解説書も一緒にお読みください。



    これを読むと没落したイギリスがなぜしぶとく生き残っているのかがよくわかります。国は老い方を学ぶのも大事です。



    旧日本軍には優秀な人材が大勢いましたが、組織の構造的に各自の能力が生かされませんでした。インテリジェンスが機能しなかったのも構造的な問題です。今も日本の組織は同じような問題を抱えています。



    岡本太郎画伯はソルボンヌで文化人類学も学んでいました。その経歴を学ぶと、なぜ画伯が沖縄に興味を持ち日本の源流を感じた理由がわかります。海外にいるひとは同じように感じるのではないでしょうか。



    Kindleだと安いですね。ワタクシは紙で持っており何度も読んだ本です。日本人が経営していたプランテーションや茶店の描写が面白いです。南国の風景が詩的です。



    英米圏と、ラテン圏及び日本の感覚の違いを理解するのには、プロテスタントの考え方を理解しなければなりません。この本を読むとそのヒントがわかります。



    英語版もわかりやすいですが、日本語でも明快です。日本語で慣れたら英語版も読んでみてください。



    オーウェルもKindle化されています。ワタクシは紙で持っていますが、必読の書です。どちらも、今だからこそ読んでいただきたいのです。



    フーコーが自分の思考の種明かしをしている本です。新訳版がKindle化されています。



    知らないうちにKindle化されていました。初心者向けの論文が掲載されています。



    アーレントもKindle化されています。これは日本語で読んだ方がわかりやすいです。安価で助かりますね。



    岩波文庫も良い本がどんどん電子化されています。これはそれほど難解ではないので読んでみてください。政治学の基本書です。



    英語でも難しくはありませんが、岩波版の訳は読みやすいです。



    岩波版も読んでみると良いでしょう。



    薄いのですぐに読めますが、茶に関するエッセンスがまとまっており、必読の一冊です。特に海外に行く方は読んでおくべきです。



    中国社会の不条理さがよくわかります。隣国を理解するには古典を読むのが一番です。



    訳がいろいろ出ていますが、岩波版は注釈が気に入っています。



    日本の占領の実態はどうであったのか、日米双方の資料を丹念に使った名作です。ワタクシは学部生の頃、袖井先生の授業を受けていました。



    国際政治の裏側がわかる貴重な本です。



    ワタクシはこの本を読んでモンゴルに行きました。その通りでした。



    杉山先生の本はどれも面白いですがこれも好きです。我々が学ぶ世界史というのが西洋の歴史史観に支配されていることがよくわかります。



    中央アジアというのは日本ではよく知られていませんが、歴史的に大変重要な場所です。カザフスタンやウズベキスタンに行くと、本当に様々な人種が混在しており、歴史の十字路であるのがよくわかります。興味がある方は行ってみてください。面白いところです。



    この訳は読みやすいです。トールキンの作品には、欧州戦線での戦争経験や、欧州からみた世界観が反映されているので、作品を読むことで、欧州の人々の「感覚」というのがなんとなくわかります。










    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。