【Kindle本】「終身旅行者PT [Kindle版]」



    資産運用や海外居住に馴染みのない方には「終身旅行者」という言葉は聞きなれないかもしれません。「終身旅行者」とは、資産運用や保全、さらに、自身の安全保障のために、様々な国を渡り歩く人たちのことを言います。税制が自分に有利なところに住所を移したり、そこの国籍を取ってしまうというのも全く珍しくありません。

    ところで欧州では「終身旅行者」(パーマネントトラベラー)という言い方はあまりしませんが、これをやっている人は実はかなりいます。大富豪だけではなく、その辺の中の上ぐらいの人でも珍しくありません。

    どこでも働ける人、もしくは、仕事するのに通勤する必要がない人は、様々な国の税制や不動産を調べて、何か有利なことがあれば、他の国にひょいっと引っ越したり、はたまた、外国に不動産を買ったりします。外国だからどうだというこだわりはあまりなくとてもカジュアルです。決して大富豪ではありません。その辺の中の上ぐらいの人です。

    状況は日々変わりますし、その人の国籍や居住国により、該当することが異なるので。、この本を全て鵜呑みにするのは危険ですが、お読みになると、世の中にはこんな生活の仕方があるのか、他の国の人はこうやって資産を守っているのか、ということがよくわかります。

    また、常日頃から、英語や中国語、他の欧州言語の経済ニュースで、世界の富裕層の動向、資産運用などに関してよく読んでおくべきです。(だから外国語をやりましょうと私は言っているのです。日本語には翻訳されない情報が大半です)

    日本は少子高齢化で、産業の先行きも不透明、しかも、自身や原発というリスクがある土地です。年金も社会保障もどうなるかわかりません。会社だって潰れるかもしれません。自分のことは自分で守らなければならないのです。原発問題で、いざとなったら頼れるのは自分と家族だけだとよくわかった方、多いのではないでしょうか。

    自分を守るのに最も重要なものは資産です。中流もぼーっとしていたらいけません。

    また以下の本も読んでおくと良いでしょう。







    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する