スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【Kindle本】「お父さんは心配症」がKindle化されています!社畜こそ読むべき名作です



    気がついたらKindle化されているではないですか!「お父さんは心配症」は、漫画界の伝説、岡田あーみん先生の最高傑作です。かつて、このような凄まじい破壊力のある漫画が、少女漫画雑誌である「りぼん」に掲載されていたのです。

    ワタクシは小学生の頃「りぼん」を毎号買っていましたが、「お父さんは心配症」と「ちびまるこちゃん」を読むためだけに買っていました。

    そんな小学生嫌だなとか思われそうですが、その頃から嗜好がそんな感じなので仕方ありません。「ちびまるこちゃん」は連載初回時から読んでおり、最初は「なんだ、このクソ下手な絵は」とか思いながら読んでいたのです。

    ちなみに「星の瞳のシルエット」とか「ときめきトゥナイト」は「なめた話書いてんじゃねーわ!」と文句を言いながら読んでいたのはお約束です。

    そんなかわいくない小学生のワタクシは、並行して、ジャンプ、マガジン、サンデーも読み、従兄弟の所(金持ち)で、こち亀や釣りキチ三平、釣りバカ日誌、手塚治、花の応援団の単行本を読み漁るという(当時出ていた所までほど全部揃っていたのです)、漫画漬けの生活を送っていました。

    そして、時々、家に転がっていたバロン吉本先生の戦記物漫画(多分『どん亀野郎』シリーズ)を読んで「うええ、怖い話だなあ」とか思っておりました。

    【60%OFF以上】Kindle本ゴールデンウィークセールも開催中。なんと大前 研一さんの「企業参謀」が、たった500円で手に入ります。他お勧めまとめ

    Kindle本ブルーバックス30%オフも実施中。理系のための英語論文執筆ガイド他 科学技術の良書が出血大セール中 
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    私も、リボン愛読者で、お父さんは心配性と、ちびまるこちゃんだけを読んでおりました。

    Re: タイトルなし

    おお、そうですか!!!
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。