【Kindleオススメ】「ヤバい統計学」 統計の基礎を身につけたい人向けの真面目な本



    ニューヨーク大学で統計とビジネスアナリティクスを教えているファング先生の統計入門書です。

    「ヤバイ経済学」のパクリのタイトルなので、一見適当な本に見えますが、そんなことはありません。一般の人向けに統計の概念をわかりやすく説明した良いエッセー集です。読み物としても楽しいのでお手元に一冊。真面目な本なので、日本語版は色物的なタイトル&カバーでちょっと可哀想な気がしますが、こうしないと売れないんでしょうねえ。。。。

    統計やビジネスデータ分析に興味のある方は、ファング先生ブログもオススメです。統計や分析といったお話だけではなく、データのビジュアル化や見せ方、世界各国の動向などがわかります。



    同じファン先生の本です。カバーはちょっと煽った感じですが、大変まともな統計的思考入門の本です。統計というのは、複雑怪奇なソフトウェアや計算式を操っている印象がありますが、実は、そういうテクニックよりも「統計的な考え方」が大事だと説く本です。

    どんなデータを集めるか、どんなモデルで分析するか、結果をどのように読み取るか、ということが最も重要です。良い統計専門家が足りない理由、統計を扱える人が高給な理由は、この辺の「センス」のある人が少ないからなんです。(実務で実感しております)

    ビッグデータのお話が出てくると、なぜか、ソフトウェアがどうだ、どこのソリューションが、みたいな話になってしまって(勿論それも大時ですが)基本の議論が置き去りになりがちですね。ビッグデータと聞いてギョギョっとなっている方こそ読むべきです。





    合わせて読んでおきたい統計関連の本もピックアップしました。雑誌記事や、バズワードを鵜呑みにする前に、基礎をしっかりと押さえておきたいものです。



    統計分析を行う前に、実は最も重要なのは、「何を問うか」の設計です。それをよく考えずに、統計ソフトや、ビッグデータ何ちゃらソリューションに数字を放り込めば何かが出てくる、と勘違いしている方が多すぎです。

    上記は、イギリスの有名大学大学院の経営系修士や、MBAで実際に使われている教科書です。

    「何を」「どのように」「どうやって」問うか、を考えるのに役に立ちますのでご一読を。「何を」明らかにするかにあたっては、定量調査だけではなく、定性調査も必要になることがあります。ビッグデータと大騒ぎする前に、まずは、調査設計の基本を身につけるのが重要です。

    上記の教科書は、一冊300ページ以上あり、値段も数千円から2万円近くなので、驚かれる方がいるかもしれません。英語圏のきちんとした大学院に行くと、このような教科書を、一教科あたり何冊か購入して、課題をこなすのが普通です。クラスによっては、課題図書を事前に読んできていることが当たり前なので、専攻によっては、一週間に300-500ページ程度の専門書を読まなければなりません。それができな人は、クラスでの議論についていけないばかりか、課題をこなすことが不可能です。

    このような環境なので、英語圏の実務で通用する英語を身につけたければ、英語圏の大学院に留学するのが早道です。日本でしか勉強したことがないと、英語力に大変な差がついてしまいます。

    また、一学期の間に幾つかのクラスを取るので、教科書の持ち歩きだけでも一苦労です。(だから電子書籍が普及しています)


    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する