スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【Kindleオススメ】「この世界の片隅に : 上」戦争は日常の延長だということを実感する名作



    何度かご紹介しているこうの先生の名作です。普段漫画を読まない方にこそ読んでいただきたいです。

    水彩画のような優しいタッチの絵で、戦時の日本の日常が淡々と描かれていきます。政治色はなく、戦記物で読むような悲惨さもなく、ごくごく普通の、ありふれた風景です。戦記物や歴史物を読んでいると、戦争は、ありえない出来事で、今と連続していないイベント、という気になってしまいますので、こういう作品は大変貴重です。しかしラストはショッキングです。理由を知りたい方はお読みください。

    「夕凪の街 桜の国」もオススメです。実写化されましたが、私は漫画の方が好きです。読んで二週間ほど立ち直れませんでした。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。