【Kindleお勧め】PHP研究所のおすすめ本です。

    割と硬派な本が電書になっているのでお勧めをまとめました。



    まずは手前味噌ですが私の本です。今回の本は海外データを豊富に入れた真面目系です。



    これは珍しい本です。辞書編纂者らしいマニアックなネタが満載で、雑学としても面白いです。



    いつも激怒している中島先生のアンチ幸福本です。私は先生の大ファンなのですが、たしかに世の中には「どうしたら幸福になるか」といった本が溢れています。でも幸福になんてなる必要はないんです。



    知らなかった「あれ」の名前がわかってすっきりします。英語版もあるといいな。。。



    イグノーベル賞の名前を知っている方は多いと思うんですが、その背景や、どんなトンチキ研究が受賞しているかを知らない方は案外多いのでは。大変真面目かつ楽しい本です。



    論ではなく具体的な手法が書いてあるのがいいですね。ハンズオンな本なのにこの値段。お得です。ビジネスだけではなく普段の生活でも、ある情報を見かけたら、その真偽や発信者の意図、自分にとっての利益などを分析できるようになりたいものです。



    中国の行動様式の裏には歴史があるということがよく分かる本です。千年単位で培ってきた土地柄ら国民性というのは数十年では変わりませんので、中国はこれからのあの調子でしょう。



    大変納得する内容です。学生運動があんなに盛んだったのに、左翼の人々が支持を得られなかった理由は、要するに、経済的な利益を国民に与えることができなかった、ということでしょう。確かに左翼の人々の意見を鵜呑みにしても、新しい仕事が生まれるわけでも、給料が上がるわけでもありません。



    私は自己啓発のたぐいは嫌いなのですが、本田宗一郎さんの本は別です。「あれをやったらうまくいく」とショートカットを書いてあるわけではなく、宗一郎さんの人間味が感じられるからです。動画を見るとほんとに面白いおっちゃんだったんだなあと感じますよ。





    これは珍しい本ですね。一般読者向けに飛行機を飛ばすノウハウや裏側をわかりやすく書いてあります。こういう仕組みがあるからあの鉄の塊が飛ぶわけです。しかし色々な管理の仕組みやコツがあるからかのうなわけですね。びっくりしました。



    援助というのは戦争に変わる外交戦略なわけですが、日本の戦略はじつはどうなの?と率直に書いた本です。古森さんの分析は毎回単刀直入で良いです。








    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する