スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    光文社古典名作のおすすめ 「菊と刀」他古典の名作品が激安です

    おすすめの古典名作が新訳で安くなっている上激安なので以下まとめました。こういう名作を格安で買うことができる先進国と言うのは日本以外ないんじゃないでしょうか。学ぼうと思えば安く学べる環境があるというのは素晴らしいことです。



    新訳で大変読みやすくなっています。外国人が書いた日本人論の中では秀逸なものの一つです。このような研究は実は学術的目的だけではなく、日本人と戦争して勝つための戦略の一つであったことは知っておくべきでしょう。アメリカ政府は文化人類学者や社会学者、心理学者を登用して対日戦略を練り、占領政策にも活用しました。



    岩波版より随分読みやすくなっています。平和とは何か、自由とは何か。世界市民という発想の根源は何か。国政政治を学ぶ上での基本書です。



    随分読みやすくなっています。ヨーロッパの市民社会の「基本原則」、国民主権とは何か、公とは何か、を理解する上で必読のシリーズです。



    岩波版よりもわかりやすくなっています。人口問題は政治経済問題であり、議論は今に始まったことではない、ということに驚かされます。



    共産主義国家がなぜ破綻したのか、なぜ現在豊かな国は資本主義なのか。マルクスの著作を読んで理論を知り、革命家の人物像を知ると納得できるのです。



    サン=テグジュペリの作品では一番気に入っている作品です。短い作品ですが実体験を元にしているので大変スリリングかつ描写に優れています。フランス人らしい叙情的な表現も素敵です。



    読書について書いてあるのに「本を読むな」と言っている哲学者らしい一冊です。つまり自分の頭で考えよということ。



    100年以上前のロシアで書かれた作品がなぜ今も人々の心を引き付けるのか。苦しみ、葛藤、自分の醜悪な姿など人間というものを書ききっているからでしょう。



    救いようがないぐらい悲惨な状況の中で浮かび上がる人間の滑稽さ、人生のやるせなさ。チェーホフの作品にはトホホな感じのブラックなユーモアが漂います。舞台で見るもの良いですが一度は読んでいただきたい。



    シュールな設定の中に現れる人間の情けなさ、弱さ、馬鹿らしさ。ロシア的な鋭い観察眼が発揮されている作品です。



    ロシア社交界の描写も面白いですが、恋愛エンタメ小説として素晴らしい作品です。人間の心の機敏が細やかに表現されています。



    「変身」は何度も読みたくなる作品です。描写が面白く詩的なのが気に入っています。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。