【書評】森戸やすみ先生 「産婦人科医ママと小児科医ママの らくちん授乳BOOK」

    著者の一人である森戸やすみ先生@jasminjo)よりお送りいただきました。誠にありがとうございます!なお、赤子が紙の本を破ってしますので、紙の本を読めない状態です。書評が遅くなり申し訳ございません。。



    本書の素晴らしいところは、母乳生地に関するアレコレが大変わかり易い文章でまとまっていること、科学的知識を下地とした「正しいこと」が書かれていることです。母乳を出すには和食だ、米を食え、出ないのはおかしい、母乳じゃないと赤子が健康にならない等々、口うるさい年寄りがいうことや、勉強不足の医療関係者がいう「迷信」はすべてウソです!唐揚げ食べてても母乳はでます。人工乳でも赤子は育ちます。大丈夫です。

    いい加減な思い込みや迷信により傷ついている方多いと思いますが、周囲に何か言われたらこの本を突き付けて下さい。体のことに関しては医師のいうこと以外は信用してはいけません!しかし、日本の雑誌やネット掲示板には迷信や嘘情報だらけですね。何とかならないんでしょうか。

    同シリーズの「小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK」もお薦めです。他の育児書とは違い、大変親しみやすい内容でイラストも可愛いので、本が苦手な方にもオススメ。回答がQ&A方式で掲載されています。これから出産される方はお読み下さい。




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する