スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【Kindleオススメ】司馬 遼太郎 「明治」という国家

    【プライム会員限定】Kindle Fire、Kindle、Kindle Paperwhiteが『PRICEPRIME』で4,000円OFF




     今日も素晴らしい本が安くなっていますね。私は昔紙で読みましたが、様々なエッセーのまとめ本ですが、明治時代の国家の成り立ちを見ると、近代日本の姿というのが見えてくるという司馬節全開の良書です。それまでの日本には、国家も国民という意識もまとまりもなかったのにも関わらず、あの短期間で「一つの近代国家」になった、というのは実は稀有なことです。

    行政単位としての「国の形」はあっても、21世紀になっても、都市国家、部族国家のまま、という地域が少なくありません。これは欧州もそうですし、アフリカや中東もそうです。中国だって、中国人という意識ではなく、地縁、血縁を重視する人の方が多いのです。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。