【kindle 集英社ノンフィクション特集(9/29まで)】「資本主義の終焉と歴史の危機 」等硬派な本が割引になっています

    通勤途中の読むと異世界にトリップできる本が揃っています。自己啓発本よりもこういう自分の世界を広げてくれる本を読みましょう



    高校生の頃(渋い趣味の女子高生。。。)読みましたが写真入りになっているのがありがたいので以前ポチりました。ビジュアルつきだと面白さ倍増です



    日本社会はオウム事件を十分議論しないままできてしまいました。べっとりとした気味の悪さはそのままです。そのツケが残っている気がします。講談社刊ですがこのシリーズの最初の「A」も面白いです。なぜエリートがオウムに入ってしまいあんな事件を起こしたのか。疑問に思う方は読むべきでしょう。



    大ファンの沢木耕太郎さんの作品ですが、ベルリンオリンピックの内側を描く作品です。沢木さんの爽やかかつ簡潔な文体で、当時の日本選手の活躍や裏側が描かれます。



    ルーブル入門編ですが、画家は現代の広告代理店やクリエイティブ系の作家と変わらないなあと実感します。芸術も商業作品もお客様あってのものですね。



    内藤先生と中田先生の対談です。ネットでも積極的に情報発信されている方々ですが、イスラム圏に関して日本で最も理解の深い方々だと思っています。良書です。



    ノーベル賞科学者・益川敏英先生が、ご自分の戦争体験を元に、科学者の倫理を問う本です。多くの方に読んでいただきたい。科学は人類の進歩と平和のために使われなければなりません。



    翻訳者など語学で生計を建てるのはどうしたら良いかと考えている方に役に立つ本です。語学で食べていきたい人は多いのに、こういう本は案外ないので貴重ですね。外国語を学ぼうかと思っている学生さんはぜひお読み下さい。語学のぷろの世界も営業が大事ですよ。



    大変高度な内容ですが、日本だけではなく欧州、アメリカもカバーし、資本主義経済の先行きを分析しています。先進国を席巻するネオ・リベラル系の理論が国民全体を豊かにしているわけではないこと、各国で極右が台頭していること、グローバリゼーションがなぜ問題なのかも考えつつ読むと理解が深まるでしょう。



    こんなに無責任な人々がいるのかと驚く本です。確かに私が学生の頃も、タイやネパールにこういう男性たちがおりました。欧州だと東欧やスペインにこんな感じの人々がいます。



    プライム会員の方はKindle Fireがクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFFです。実質4980円と激安です!我が家にもありますが、手持ちにぴったりなサイズで読書には最適。映画のダンロードが高速ですし、外付けのSDカードにも保存できるのが助かります。(iPadはできないのが痛い!)子供向けのアプリや動画も豊富ですので子守にも最適です。(超活用中)ちょっとしたウェブのブラウジングとか調べ物、メールならこれあればPCいりません。プライムビデオは懐かしの邦画やアニメがあるのも気に入ってます。英語圏だとマニアックなドキュメンタリーがあったりするのもグー。

    故障と浸水保証が別売りで激安なのも気に入ってます。(こんな安いプラン他社ではなし)充電に時間がかかるのでアンカーの急速充電器必須です。SDカードは壊れる可能性もあるので、若干容量小さめのにしてます。カバーはこの子供用のがすこぶる便利です。我が家は息子用に買いましたが、便利なため大人用にも購入。スタンドがついてて立てるのが楽。しかも持ち運び便利。手触りもいいですよ。






    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する