【月々たったの325円】Amazonの動画見放題を英語の勉強に活用する方法


    Amazonプライム会員になると、わりと新し目の映画やアニメが見放題になります。Kindle Fireを持っている位場合は、外付けのSDカードにもダウンロードしまくってローカルで見ることができるので私は大活用中です!

    Amazonプライムの年会費は3900円なので、月々325円で動画が見放題です。

    さらにプライム会員になると、お急ぎ便や配送日時指定が無料、FireやKindleが割引になる(Fireだと4000円OFF)、Kindleを持っていると電子本が毎月一冊無料、Amazonパントリーで洗剤や食料品を買えるので便利、Prime Musicで100万曲聴き放題(音質良い、メタル充実)、Prime Photoに写真保存し放題、という利点があります。日本は年会費がアメリカやイギリスの半額以下なので超お得です。




    英語圏の映画やドラマも月々たったの325円で見放題ですから、英語を勉強している方は活用するべきです。Youtubeだとカンファレンスなどの動画は上がっていますが、映画はありませんし、DVD買うのも面倒です。Fireに落としておけば、通勤中にも見ることができるので便利です。

    以下は推奨する勉強方法です。私は昔はテレビで放送されていた英語圏の映画や、ビデオテープ(古い?)に録画して勉強に活用していました。(ただ映画やドラマは趣味ですので、勉強というよりも遊びの延長でありましたが。。。)

    1. まず字幕付きで何回か見ます

    2. つぎに字幕なしでみて、気に入っている場面やセリフを書き取ります

    3. スクリーンプレイシリーズが出ている作品、英語字幕がある作品の場合は書き取りの答え合わせをします

    4. 間違えた所を何回も書いて覚えます

    5. 気に入った場面のセリフの間合い、抑揚、リズムをしっかり覚えて、モノマネする感覚で真似っ子してみます。人物のジェスチャーや目線も重要です

    6. 映画の時代背景、文化的背景をネットや書籍で調べ、作品に関する理解を高めます


    次週課題例:

    「国王のスピーチ」
    ・ジョージ6世が即位しなければならなかった理由
    ・イギリスにおける王室と政治の関係、日本の天皇との違い
    ・当時の英独の関係、英独の経済力の違い

    「トップガン」
    ・冷戦時の米ソの関係
    ・映画に登場するミリタリー用語
    ・1980年代にアメリカ政府が映画作成を支援していた背景や元になった政治理論

    「ロッキー」
    ・1970年代アメリカにおけるイタリア系とアフリカ系の状況
    ・アメリカにおける人種的少数派の関係
    ・ロッキーが住んでいたフィラデルフィアの経済状況

    以下オススメ映画の例です。若干古い作品が多いと思われるかもしれませんが、古い映画だと今のものよりも英語がゆっくりで聞き取りやすいので、初心者〜中級者の方が学習のために見るのには向いています。なお「スクリーンプレイシリーズ」とは、映画の脚本を書籍化したものです。日本では版権の処理をやってくれる出版社があります。便利ですね。英語圏では売ってないんです。



    コリン・ファースがいつも通りの演技で、吃りがなおらず、あがり症の王様を演じています。イギリス映画ですので、登場人物が話す英語は上品かつ聞き取りやすい英語なのでお手本に最適です。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    原作を読んでいると理解が深まりますが、原作が英語の名作ですのでセリフが美しいです。役者はイギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランドなど様々な国出身です。



    007シリーズの中でもバカ映画度が高く、1960年代の日本の風景も楽しい一作。英語は今よりもゆっくりで聞き取りやすいのも良しです。丹波哲郎先生の英語は吹き替えです。



    登場人物達は、科学者という設定ですので、英語はニューヨークのインテリの話す英語です。登場するユーモアにもアメリカ東海岸風のひねりが多いのにも注意しましょう。



    公開当時はCMを映画にしただけだと散々悪口を言われましたが、今見ても画像が美しい作品。コスプレ、腐女子要素満載です。セリフが異様に簡単かつ単純なお話なので、中学一年生程度の英語力でも理解可能です。制作ドキュメンタリーも一緒に見ると面白いです。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    聞き取りの難しい映画ですが、アメリカ東部の庶民の英語です。時代背景や社会背景も学んで下さい。



    戦争ものベスト3に入ります。臨場感のあるセリフが多く聞き取りの練習になります。



    こちらも戦争映画ベスト3に入ります。映画自体も面白いですが、英語の滑舌がはっきりしており、勉強に向いている作品です。ドイツ兵が話すのはイギリス英語です。



    エディー・マーフィーの話芸を聞き取ってみましょう。自虐芸、今だと危なすぎて放送できないネタが満載です。



    フォレストの体験を通して、アメリカ近代史を学べます。ベトナム戦争、ヒッピー、エイズ、卓球外交、マラソン、児童虐待、シングルマザー、アメリカを構成してきた様々な要素が絡み合います。サウンドトラックにも注目しましょう。



    ジャック・ニコルソンの英語に注目して下さい。大人の話す英語を学べます。



    アメリカの格差社会の背景、うらびれた基地周辺の街、人生とは何か。考えさせられる作品です。



    英語の勉強は楽しくなけりゃいけません。この映画、 危ないネタ山盛りのおバカ映画で大笑いできますが、差別ギャグ、病気ギャグ、ユダヤ人ギャグなどが豊富に出てくるので勉強になる上に、アメリカ文化や地理を学ぶのに良い作品です。



    マッドマックスが制作されたのはオーストラリアです。俳優やエキストラもオーストラリア人なので、オーストラリア訛り全開です。アメリカ映画やイギリス映画と比べてみて下さい。



    歴史に残る名作ですが、昔の作品なので英語の歯切れがよく聞き取りやすいです。セリフも洒落てます。セリフは書き取って覚えると良いでしょう。



    昔の映画とは思えない楽しい作品。オードリー・ヘップバーンの英語も、グレゴリー・ペックの英語も大変上品です。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    主要キャラたちの話英語は、アクセントのマイルドなインド英語です。教育を受けているインド人達はこんな英語を話します。ストーリーも面白いです。スクリーンプレイ・シリーズがでています。



    主人公の家族達のキプロス移民の英語、彼氏の東部のインテリ白人層の英語の違いも面白いのですが、アメリカにおける移民社会、一世と二世の確執、少数派としての悩み、主流派とどう交じるか、アイデンティティの確保なども興味深いです。



    イーストウドの英語は真似したくなりますね。アメリカにおける底辺層、宗教倫理と生命についても考えさせられます。



    昔の作品なので英語が分かりやすいです。ビビアン・リーはイギリス人役者です。南部の上流階級の英語、奴隷の英語、兵士の英語、様々な英語が使われています。





    プライム会員の方はKindle Fireがクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFFです。実質4980円と激安です!我が家にもありますが、手持ちにぴったりなサイズで読書には最適。映画のダンロードが高速ですし、外付けのSDカードにも保存できるのが助かります。(iPadはできないのが痛い!)子供向けのアプリや動画も豊富ですので子守にも最適です。(超活用中)ちょっとしたウェブのブラウジングとか調べ物、メールならこれあればPCいりません。プライムビデオは懐かしの邦画やアニメがあるのも気に入ってます。英語圏だとマニアックなドキュメンタリーがあったりするのもグー。

    故障と浸水保証が別売りで激安なのも気に入ってます。(こんな安いプラン他社ではなし)充電に時間がかかるのでアンカーの急速充電器必須です。SDカードは壊れる可能性もあるので、若干容量小さめのにしてます。カバーはこの子供用のがすこぶる便利です。我が家は息子用に買いましたが、便利なため大人用にも購入。スタンドがついてて立てるのが楽。しかも持ち運び便利。手触りもいいですよ。








    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する