【新作書籍】「不寛容社会 - 『腹立つ日本人』の研究」大増刷決定



    4月に発売した新作書籍ですが、好評により大増刷が決まりました。読者の皆様のおかげです!電子書籍は6月10日配信です。

    以下目次と「はじめに」を公開いたします。

    はじめに

    第1章 他人を叩かずにいられない日本人

    「舛添氏叩き」から考える「他人叩き」の傾向
    メディアによる舛添リンチ
    舛添氏擁護の声はなぜ響かなかったのか
    回転寿司で庶民感情を刺激
    イギリスの政治家と舛添氏の違い
    海外では不倫よりセレブゴシップ
    有名人のバカンス情報が大好きな海外ゴシップ
    日本のゴシップは生ぬるい!
    日本のメディアはなぜ情緒的な報道に走るのか?
    「他人叩き」は費用対効果の高いコンテンツ
    感情的なものを求めがちな一般大衆
    「疑似人民裁判」で自己重要感を高める日本人

    〈コラム〉昼間にワイドショーが延々と流れるのは日本だけ

    第2章 「一億総叩き社会」日本の考察

    日本社会で「他人叩き」が広がっている理由
    日本人の「ウチ」と「ソト」の断絶
    「部署を移動したら他人」な日本人
    「資格」よりも「場」を優先する日本人
    「場」よりも「資格」を重視する北部欧州と北米
    超実利的社会の英語圏
    「資格」より「感情」を重視する地中海圏
    「ソト」には無礼な日本人
    高畑裕太氏の親に謝罪を求める心理 疑似家族的な「場」を大切にする日本人の弊害 日本の社会保障と「ウチ」「ソト」 日本人に降りかかる「あるべき姿」の圧力 ベッキーを大炎上させた日本人の理屈

    第3章 お笑い!海外の「他人叩き」 事情

    日本以外にもある「他人叩き」とその違い
    「他人叩き」が大好きなインド人
    インド人のカースト間紛争の激しさ
    イタリア人も「枠から外れる人間」を許さない
    時間悪口ざんまいのイタリア人
    他人の生活に介入したがるイタリア人
    「ゴッドファーザー」を地でいくイタリア人
    同調圧力がハンパないスペイン
    同調圧力が強すぎで経済危機に......
    お付き合いで「サービス残業」するスペイン人
    権威が大好きなスペイン人
    失敗を極度に恐れるスペイン人

    〈コラム〉 ゴシップよりも田舎暮らしの夢

    第4章 世界に学ぶメンタリティ

    日本人がメンタリティを学ぶべき国はどこか?
    私が驚いた中国人の「面子第一主義」 「面子」命の中国人 138 「他人の目を気にしない」中国人に学べ
    欧州北部や北米の「個人主義」に学べ
    個人主義で人間関係は気楽になる
    集団主義な日本人
    外国人との仕事に軋轢が生まれる理由
    ベッキー不倫騒動と日本人
    「階層」と「階級」があることは当たり前と考えよ
    「階層」と「階級」の違い
    他人に興味を持たないアメリカ人
    親が貧乏だと「階層」を移動できないアメリカ人
    先進国で若者の仕事が減り続けているのはなぜか
    日本人は「他人を叩いている」場合ではない
    政治家や役人の重要な不正こそ追求せよ
    枯れた国に学ぶメンタリティ

    第5章 新時代のただしい「正義感」 とは


    日本人の「正義感」はどこからくるのか
    日本の職場で発動する余計な「正義感」
    日本人の「正義感」が偏る理由
    日常生活での日本人の面倒な「正義感」
    大衆を煽るマスコミのずれた「正義感」
    日本のマスコミの「正義感」がずれる理由

    -------------
    はじめに

    私は 年代の半ばに留学のために海外にではじめ、アメリカ、イギリス、イタリアなど各国で働いてきました。国連の専門機関の職員だったときには、130か国以上の同僚がいました。現在は日本と欧州を往復して暮らしています。

    そうした海外での長い経験を経て、今あらためて日本について考えてみると、この年ばかりの間にずいぶんと「不寛容な社会」になってしまったと感じています。

    島国で閉鎖的な文化であることも関係あるかと思いますが、たしかに日本人には昔から心の狭いところがありました。しかし、それでも今から 年ほど前の景気が良かった頃は、もう少しカラッとした明るい雰囲気に包まれていた気がするのです。 特にここ最近では芸能人の不倫を「非倫理的」だと叩いたり、ブログやツイッターで、毎日のように有名人や一般の人の投稿が炎上しています。

    人的な体感としては2011年に東日本大震災があってから、叩く数も、ねちっこさも、さらに過激化したように感じています。

    過激な叩きで記憶に新しいのは、タレントのベッキーさんの「ゲス不倫」です。人気ロックバンド「ゲスの極み乙女」のメンバーと不倫していたことが週刊誌で報道され、CMだけではなく、出演していた番組をほぼすべて降板するまでの騒ぎになってしまいました。CM契約企業から訴訟をおこされるのではないかという話もあり、ネットでもテレビでも、まるでどこかの国に核弾頭が落とされたような騒ぎだったのです。

    しかし、よくよく考えてみれば、ベッキーさんは単に既婚者と付き合っていた、というだけです。しかもあくまで私生活での話。仕事で誰かに迷惑をかけたわけではありません。公的資金を不正使用したわけでも、誰かを物理的に傷つけたわけでも、何かを盗んだわけでもありません。何の犯罪も犯していないのにその扱いはまるで誰かを殺した人以上だったのです。
    ベッキーさんの件以外にも不倫報道はかなり昔からありました。

    ワイドショーを見たり、女性週刊誌を読むのが好きな少しませた子どもだった私は、俳優さん達の不倫報道をよく見ましたが、その内容はもっと色っぽく、湿っぽい話であ り、「悪い」「許せない」と叩く調子ではなかった記憶があります。 しかしベッキーさんの件は、まるで不倫自体が社会的な大変な害悪であり、まるで東 京を破壊したテロリストに対するような大きな怒りが向けられていました。 80年代まで の日本にあった、大人の関係をちょっと生ぬるく眺めるような、そういう余裕が一切な くなっていたのです。

    アメリカ、イタリア、イギリスに長年住んで働いてきた自分からすると、芸能人の不 倫がトップニュースになり何日も叩かれる様子は、大変奇異なものに映りました。

    メディアが独占状態で自由な報道をしにくいイタリアでさえも、日々のトップニュー スは経済や政治の重要な話題です。アメリカやイギリスは言うまでもありません。そも そもワイドショー番組すらないのです。 日本も年金問題や介護問題、労働者の実質賃金の低下、大手企業の不正経理、貿易問題、そしてまだ収束したとはいえない福島の原発問題など、重要問題が山のようになっ ています。

    そんな危機的状況にもかかわらず、日本のマスコミにとっても、一般の人にとっても、何より重要なのは「ゲス不倫」であり、本当の危機的な問題ではないようです。

    他の国であれば経済問題をもっと深刻に議論するでしょう。なぜなら国民一人ひとりの実生活にかかわることであり、マスコミが重要問題を伝えるのは、民主主義の下地でもあるからです。

    今やネットを見ても、日本では大手ニュースサイトで人気を独占するのは芸能ゴシップです。ツイッターやFacebookで騒がれるのは社会問題ではなく「ゲス不倫」や、芸能人の宗教入会の話です。そしてときおり、その辺の高校生がコンビニのアイスケースに入った写真をツイッターに投稿して大炎上したり、一般人のちょっとした〝やらかし〟投稿が、大勢の人に叩かれています。

    先述したように芸能人の不倫の叩き方は、死んで謝罪しろというまでの勢いです。ちょっとしたイタズラをした高校生は、自宅からアルバイト先、親の名前まで洗いざらいに調べ上げられ、社会的に抹殺されてしまいます。しかし、彼がしたイタズラで誰かが死んだわけでもなく、お店が潰れたわけでもないのです。

    こうした人達を叩いている人は、その芸能人にも高校生にもまったく面識がなく、叩いたからといって、何をもらえるわけでも、表彰してもらえるわけでも、お金が儲かるわけでもありません。

    なぜ日本人は見ず知らずの人を叩かずにいられないのでしょうか?

    なぜ日本人はこんなに不寛容になってしまったのでしょうか?

    なぜ海外では芸能人の不倫がトップニュースにならないのでしょうか?

    なぜ日本人は些細な事で正義感を発揮しようとするのでしょうか?

    日本人は集団ヒステリーなのでしょうか?

    本書では海外の事例を踏まえて、なぜ日本が「不寛容な社会」になってしまったのか。なぜ「1億総叩き状態」なのか。また、日本人が「他人叩き」をやめ、より住みやすい社会になるためには何が必要なのかを考えていきます。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    感想(少しの相談)

    以前、ケイクスで拝見し購読しておりました。
    毎回、各国事情と並べて日本との比較がされていてとても面白く興味深い読みました。

    『〜働き方がヤバい』も購入して
    これから読みますが、兄に先に読まれてしまっています。

    様々な国で様々な国の人と過ごしていく中でいかに日本が特殊な環境なのか、を日本の人に伝えるべく発信し続けている事に感謝と尊敬の意を表明します。

    私は多分めいろまさんと同年代と思われます。
    学生時代私も語学留学など経験し、将来は英語を使いグローバルに仕事をしたい、
    海外で働きたい!
    と思っていましたが色々な人生の曲がりくねり具合で、今現在は調剤薬局チェーン店の医療事務員です。

    めいろまさんのコラムや本を読みまして、本当に可笑しくて思わず電車内で声を上げて笑ってしまった箇所が何度もありました。

    それは、あたかもめいろまさんが
    うちの職場を覗き見ていたかの様な事が実際に毎日起きているからです。
    例えば(長いです)
    1.エクセルを使って全ての報告書を
    本社が作ってくる(物凄く使い辛い)それらは、変えてはいけない様に鍵がらかかっている。
    2.先輩職員(お局)も全ての資料、回覧、マニュアル文書、店頭POP、ありとあらゆるものをエクセルで作り、強要する。
    3.トイレのホット便座のコンセントを帰るとき抜け、朝来たら入れろ。
    電気ポットのお湯は、夏だろうが飲む人がいなかろうが朝必ず入れろ。
    手拭き台拭きタオル類全て毎日朝来たら、洗え。
    薬の大箱は、ダンボールに分類されるので、ゴミ箱には捨てるな。
    回収されるトナーは、ゴムで縛るな、ロープでくくれ。
    弁当屋の弁当に付いてくる足跡味噌汁は、飲まない人のぶんがたまってきたので、飲む人は溜まっている古いのから飲め。
    鉛筆は、短くなっても勝手に捨てるな。何故長いのばかり使う?使いづらい?では、私が使い辛いのを使えという事か?私は、会社の経費削減に貢献しているのに協力すべきだ。
    3.lineグループに参加しろ(上司)
    などなど
    ですね。
    後はまあ、男性上司の忖度強要です。


    長々と失礼しました。

    この仕事を始めたのは
    シングルマザーで
    息子が小学生一年であったため
    なるべく残業もなく、安定した職種
    医療事務資格を取った為です。

    今や、彼も大学生になりました。
    理系私立で半分は、学費を用意しましたが、半分は奨学金です。

    そしてこの業界では、管理職以上全てが薬剤師です。どんなに嫌な事に耐えて我慢しても、医療事務を極めてたとしても上には行かれません。

    ここでやっていこうという、目的もお手本も憧れる人も、目標もありません。

    ですので、70パーセント程毎日辞めたい!!と思っております。
    『仕事があるだけ幸運』『正社員絶対辞めたらだめだ』と家族も
    私も思っています。

    他では、出版社(父親の小さな会社)で3年間の勤務と、新卒で入った出版系貿易会社で輸入cdを売りさばいていた(3年間)の経験しかなく
    私の強みが分からないでおります。

    訳のわからないことを言われ続けるストレスで、身体中が痛いですが
    唯一TOEIC試験準備(数年前で500点代)や海外DVDを観て英語を聴いたり、洋楽やクラシックやジャズを聴いたり聴きに行ったりする事でストレス発散できています(擬似海外体験)

    この様な私が、どうやったらこの世界で上手くやれるのか
    または辞めた場合、客観的に見て
    homelessになりそうか。そうでないか。
    経験豊富なめいろまさんからもし助言頂けたなら幸いです。

    ですが、それはめいろまさんの自由です。

    追伸
    ケイクスのコラムで一番笑った痛快な箇所がありますが、ちょっといつのものか忘れてしまいましたので、調べてまた、お伝えします。

    追伸2
    タイトルが思い出せませんが
    『〜正す?日本人英語』も読みました。以前図書館で借りたのですが
    きっちり覚えて役立てたい(何の?)ので、購入します。






    Re: 感想(少しの相談)

    コメントありがとうございます。返事が遅くなってしまい申し訳ないです。(ちょっとブログの管理まで手が回ってませんでして。。。)回答が長くなりそうなのでメルマガでお返事差し上げます。

    週刊めいろま  初月無料  http://ow.ly/xv4me
    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する