FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「狙撃の科学」等サイエンスアイ新書のお勧め。大変ユニークな視点から物理や素材科学が学べます。



    銃や狙撃を通して物理や素材科学が学べる本。日本では珍しい本ですね。欧州は狩猟が身近なのでこういう銃器に関する本が結構出ています。



    科学史で学ぶとスラスラ頭に入るので不思議である。学校の教科書もこんな感じだといいですね。



    小学生でも楽しめる。発見時のエピソードが楽しい。意外と偶然見つかったものが多い。



    大変読みやすいが数学的なことにも触れているのが良い



    入門書として良い。ホーキングで挫折した自分でも読めた。。。



    機械作りとはここまで幅広く、様々な要素が絡みある匠の世界とよくわかる。モノ作りは協業が重要。



    発見して即ポチりましたがカラー図解でわかりやすい。戦闘機鑑賞が楽しくなります。



    手榴弾、地雷までもカバーしているのがユニーク。これも日本ではあまりでていませんね。

     

    誘導方法などが雑学的に面白いですね。物理だなあ。



    潜水艦の戦い方が面白い。実態はイメージとかなり違う。雑学として一読を薦める



    船の作り方というこれまたマニアックな知識が学べる。部品数の多さにびっくりだが、精密さが求められるので匠の世界。



    ブラタモリ的に楽しいが、ダムは実は大変重要な設備だということがよく分かる。仕組みも面白い。



    子供と一緒に読みたいが花火の写真を眺めるだけでも楽しい。



    一応知っておいたほうがいいでしょう。







    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。