スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【映画評】ウルヴァリン: SAMURAI

    X-Menシリーズ最新作であります。ロンドンでは7月公開なので、日本公開の一足先に見てきましたよ。

    ワタクシはX-Menシリーズの大ファンであります。理由を一言でいうと日本のネットで「なんであんな臭そうなオッサンが人気やねん」と超罵倒されているヒュー・ジャックマン様(ウホッ)の鑑賞なわけですが。

    さて、今回は舞台が日本ということで、去年から期待していたわけです。家人と「公開まであと何日だな」とウホッ、ウホッ悶えていたわけですが、我々の期待を激しくぶちこわして下さいました。

    他の日本が舞台のハリウッド作品同様、全編にチープなB級感と胡散臭さが漂う怪しい作品となっており、これまでのX-Menシリーズと一線を引きます。

    ヤクザ、忍者、寺、葬式、盆栽、大金持ちの家のドラゴンの扉、純和風家屋が実はハイテク館、サムライの鎧、刀、パチンコ屋、ヤクザの姉さんにしか見えない喪服を着た身内、ミスターロボット、ラブホ、魚村、残虐日本兵、ハラキリ、甲斐甲斐しく日本食を作る日本人おにゃのこ、スーパージジイ、雪の中の山奥、カンフーと、ガイジンさんが愛するジャパンな物がウンコの様に山盛りに詰まっており、日本側スタッフが「ちょっとこれは」と言った物の、ガイジンさんが「ミーはこれが好きよ!!!キルビルでミシーマで007ダイズツワイスで、忍者でクロサワーをレスペクト。シャラップ!!!!!」と吠えている風景を容易に想像できるのでした。

    詳しい分析などはそのうち出すメルマガに書きたいと思います。

    SF物、スーパーヒーロー物のファンだけではなく、バカ映画、B級映画、ガチムチ肉体が好きな方は必見。

    お勧め度 ★★★★★

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。