スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    縦社会原理主義に気をつけろ【第1回】日本にはびこる「ナチュラル縦社会原理主義」教

    海外に引っ越しても、現地にすんなりとけ込む人、なかなかとけ込めない人というのがいます。

    さて両者の違いはなんでしょうか。

    まず日本人の場合、「縦の人間関係」が大好きな人、それがナチュラルに脳にしみ込んでいる人はまずとけ込めません。ワタクシはこれを「ナチュラル縦社会原理教」と呼んでおります。

    「は、オメーまた造語かよ!! 流行語狙ってんじゃねーよ。流行語はお•も•な•しなんだよ。クソ。そんな風に言い切っちゃうの?? またオーベイガーか? お前半島から来たんだろ。歯並びが証拠だよ。高須で矯正しろよクソ。俺? ネトウヨじゃねえよ。ただの愛国者だよ、オリンピック万歳。鳥肌万歳!!! チェキラ」というあなた。

    これね、本当なんです。しかたないのよ。

    まず「縦の人間関係」とは何かというと、社会学者とか文化人類学っぽく難しく考える必要はありません。

    要するに「年上だから俺より偉い」「先輩だから俺より偉い」「肩書きが凄いから俺より偉い」「俺より金があるから偉い」「俺より学歴が凄いから偉い」という仕組みのことですね。

    *この記事はケイクスの記事を抜粋した物です。続きを読みたい方はこちらから

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。