縦社会原理教に気をつけろ【第3回】アラフォー主婦・ミユキの場合(後編)

    前回のコラムでは「縦社会原理教」の代表者であるアラフォーの元レースクイーン、ミユキさんの脳内を分析しましたが、今回はその続きです。ちなみにこれはリアルな存在にインスパイヤネクストされたフィクションでありまして、実際にこういうクソみたいなアラフォーの元レースクイーン様というのにワタクシは対面したことがございました。見事な「縦社会原理教」でありまして、何度このレースクイーン様のパンツに納豆を詰め込んでやろうかと思ったかわかりません。

    さて、ミユキさんの発言をさらに分析いたしましょう。

    ● 車はクラウンよ、クラウン!!
    見た目はヤクザの車ですから全然自慢になりませんね。そもそも先進国でそこそこお金のある人の間では、車を自慢するのは「成金かっぺ」の証拠にござります。車を自慢する人の代表はギャングスタラッパーですね。でかくてキラキラだとグーです。ミユキさん、立派なカッペマインドを発揮しておられます

    *この記事はケイクスの記事を抜粋した物です。続きを読みたい方はこちらから
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する