スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【Kindle本】30代までに読みたい大人の教養書






    英語圏でzenといえば最も有名なのが鈴木大拙 です。これは入門書としていいですね。私は鈴木大拙 は英語で読みました。



    哲学入門として良い本です。英語版で読んでもいいですね。



    標準化、品質に関する考え方の発展が構造的に解説されています。技術や科学が好きな方にオススメ。サービスやソフトウェアの世界が参考にすべきは製造業です。



    これは以前紙で買いましたが面白い本です。人口動態によって政策や経済は左右されます。残念ながら今の日本は衰退するのが目に見えています。



    私は英語で読みましたが政治学を学ぶ際の基本書の一つです。



    身内が医療のお世話になっており、医療技術に色々感心することが多いのでポチリ。人類を救うのは役人や広告代理店ではなく科学や医学です。



    数学とは物の考え方であることがわかります。中高生にも読んでいただきたい。



    文化人類学好きにはたまらない一冊。何気ない日本の習慣には歴史的な蓄積があります。



    紙で買いましたが素晴らしい本です。海洋帝国イギリスの没落後を支えるのは007やロックなどの文化の力ですが、日本にはそれはあるでしょうか。



    紙で買いましたがこれも良い本です。近代世界システムとは交易の歴史でもあります。



    私が大ファンの中島先生のご著書です。日本の騒音などに対して激怒しておられますが、それは西洋哲学的な理論があるからこそです。



    学生の頃何回も読んだ基本書中の基本書です。案外読みやすいので、政治学専攻以外の方もお読み下さい。リーダー論など学ぶことが多いです。



    紙で買いました。現在日本のインテリジェンスというのも、根本的な原因が戦前戦中と変わっていません。一言で言うと戦略がないということです。



    学生の頃何回も読みました。理想論的なところもありますが、本質をついている部分もあります。



    日本もつい最近まで階級社会であったということがよく分かります。また復活してきているようですが、要するに昔に戻るというだけの話です。



    プライム会員の方はKindle Fireがクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFFです。実質4980円と激安です!我が家にもありますが、手持ちにぴったりなサイズで読書には最適。映画のダンロードが高速ですし、外付けのSDカードにも保存できるのが助かります。(iPadはできないのが痛い!)子供向けのアプリや動画も豊富ですので子守にも最適です。(超活用中)ちょっとしたウェブのブラウジングとか調べ物、メールならこれあればPCいりません。プライムビデオは懐かしの邦画やアニメがあるのも気に入ってます。英語圏だとマニアックなドキュメンタリーがあったりするのもグー。

    故障と浸水保証が別売りで激安なのも気に入ってます。(こんな安いプラン他社ではなし)充電に時間がかかるのでアンカーの急速充電器必須です。SDカードは壊れる可能性もあるので、若干容量小さめのにしてます。カバーはこの子供用のがすこぶる便利です。我が家は息子用に買いましたが、便利なため大人用にも購入。スタンドがついてて立てるのが楽。しかも持ち運び便利。手触りもいいですよ。













    【Kindleオススメ】「組織戦略の考え方 (ちくま新書) 」






    日本組織には色々問題がありますが、いきなりアングロサクソン型組織に変更することもできませんし、そもそも文化的な違いがあるので、輸入しただけではうまくいきません。日本的な組織の「仕組み」を理解しつつ、徐々に改革していくのがマストなんでしょうねえ。その点で参考になる本です。

    【Kindle50%OFF(10/7まで)】カドカワ大セール!ノーベル賞を受賞した大隅教授が読んでいた「ろうそくの科学」等おすすめをまとめました




    プライム会員の方はKindle Fireがクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFFです。実質4980円と激安です!我が家にもありますが、手持ちにぴったりなサイズで読書には最適。映画のダンロードが高速ですし、外付けのSDカードにも保存できるのが助かります。(iPadはできないのが痛い!)子供向けのアプリや動画も豊富ですので子守にも最適です。(超活用中)ちょっとしたウェブのブラウジングとか調べ物、メールならこれあればPCいりません。プライムビデオは懐かしの邦画やアニメがあるのも気に入ってます。英語圏だとマニアックなドキュメンタリーがあったりするのもグー。

    故障と浸水保証が別売りで激安なのも気に入ってます。(こんな安いプラン他社ではなし)充電に時間がかかるのでアンカーの急速充電器必須です。SDカードは壊れる可能性もあるので、若干容量小さめのにしてます。カバーはこの子供用のがすこぶる便利です。我が家は息子用に買いましたが、便利なため大人用にも購入。スタンドがついてて立てるのが楽。しかも持ち運び便利。手触りもいいですよ。



    【Kindleオススメ】「ヤバい統計学」 統計の基礎を身につけたい人向けの真面目な本



    ニューヨーク大学で統計とビジネスアナリティクスを教えているファング先生の統計入門書です。

    「ヤバイ経済学」のパクリのタイトルなので、一見適当な本に見えますが、そんなことはありません。一般の人向けに統計の概念をわかりやすく説明した良いエッセー集です。読み物としても楽しいのでお手元に一冊。真面目な本なので、日本語版は色物的なタイトル&カバーでちょっと可哀想な気がしますが、こうしないと売れないんでしょうねえ。。。。

    統計やビジネスデータ分析に興味のある方は、ファング先生ブログもオススメです。統計や分析といったお話だけではなく、データのビジュアル化や見せ方、世界各国の動向などがわかります。



    同じファン先生の本です。カバーはちょっと煽った感じですが、大変まともな統計的思考入門の本です。統計というのは、複雑怪奇なソフトウェアや計算式を操っている印象がありますが、実は、そういうテクニックよりも「統計的な考え方」が大事だと説く本です。

    どんなデータを集めるか、どんなモデルで分析するか、結果をどのように読み取るか、ということが最も重要です。良い統計専門家が足りない理由、統計を扱える人が高給な理由は、この辺の「センス」のある人が少ないからなんです。(実務で実感しております)

    ビッグデータのお話が出てくると、なぜか、ソフトウェアがどうだ、どこのソリューションが、みたいな話になってしまって(勿論それも大時ですが)基本の議論が置き去りになりがちですね。ビッグデータと聞いてギョギョっとなっている方こそ読むべきです。





    合わせて読んでおきたい統計関連の本もピックアップしました。雑誌記事や、バズワードを鵜呑みにする前に、基礎をしっかりと押さえておきたいものです。



    統計分析を行う前に、実は最も重要なのは、「何を問うか」の設計です。それをよく考えずに、統計ソフトや、ビッグデータ何ちゃらソリューションに数字を放り込めば何かが出てくる、と勘違いしている方が多すぎです。

    上記は、イギリスの有名大学大学院の経営系修士や、MBAで実際に使われている教科書です。

    「何を」「どのように」「どうやって」問うか、を考えるのに役に立ちますのでご一読を。「何を」明らかにするかにあたっては、定量調査だけではなく、定性調査も必要になることがあります。ビッグデータと大騒ぎする前に、まずは、調査設計の基本を身につけるのが重要です。

    上記の教科書は、一冊300ページ以上あり、値段も数千円から2万円近くなので、驚かれる方がいるかもしれません。英語圏のきちんとした大学院に行くと、このような教科書を、一教科あたり何冊か購入して、課題をこなすのが普通です。クラスによっては、課題図書を事前に読んできていることが当たり前なので、専攻によっては、一週間に300-500ページ程度の専門書を読まなければなりません。それができな人は、クラスでの議論についていけないばかりか、課題をこなすことが不可能です。

    このような環境なので、英語圏の実務で通用する英語を身につけたければ、英語圏の大学院に留学するのが早道です。日本でしか勉強したことがないと、英語力に大変な差がついてしまいます。

    また、一学期の間に幾つかのクラスを取るので、教科書の持ち歩きだけでも一苦労です。(だから電子書籍が普及しています)


    【Kindle英語原書のおすすめ本&英語の本を読むコツ】 初級から中級向け(随時追加)

    ブログの読者の方より、Kindleの英語原書もご紹介下さいとのリクエストを頂きました。英文の本は電子版だと紙よりも遥かに安いので英語力アップしたい方は要挑戦です!ただし日本のAmazonではセールは殆どやらないのが残念なところです。

    とりあえず、BBCのサイトや、英語の新聞の記事であれば、なんとか読めるというレベルの方向けの本をまとめてみました。選択基準は私が好きかどうかです(笑)今後徐々に追加していきますので、必要な方はブックマークに入れて下さい。

    読み方のコツは以下です。

    ・分からない単語があっても類推して読み進める
    ・読みながら単語や文法を調べない
    ・文法は深く考えない
    ・自分がある程度知識のある分野の本を読む
    ・長く読み継がれているものを読む
    ・面白いものを読む
    ・明瞭かつ簡潔な「良い文章」を読む
    ・流し読みする
    ・量をこなす

    まとまった量の英文を読むことができるようにならない人の多くは、細部にこだわって先に進まないのと、量をこなしてないことが多いです。ある程度量をこなすと、徐々に英語的な文章の構成や言い回しに慣れてくるので理解スピードが上がります。

    また自分が興味のある分野、ある程度知識のある分野の物を読むことも重要です。これは日本語の文章と同じで、元々ある程度知っている分野なら何となく意味がわかるからです。未知の分野のものを理解するのは日本語でも大変ですよね。

    良い文章を読むのも重要です。日本だと良い文章とは、回りくどい言い方、はっきりしない書き方、長い、といった文章だと誤解している人がいますが、それは大間違いです。良い文章とは、誰が読んでも明瞭で、驚くほど簡潔で、よくまとまっているものです。英語の場合は特にそうです。良い学者や作家の文章は簡潔です。読者が読むことに費やす時間や労力に配慮しているからです。

    <政治経済>



    英語版だと明快です。



    ご本人はニートだったというマルクス先生の矛盾がよくわかります。



    資本主義とは何か。こちらも英語版のほうがわかりやすいです。



    ケインズを読むと道路工事の意味がわかります。



    フランシス・フクヤマの代表作ですが、中級者であれば読みこなせる内容です。ただしヘーゲルを読んでおく必要があります。



    20年以上前に読みましたが、予言の書です。ロシアの台頭、中東の混乱はまさに文明の衝突でしょう。フランスにおけるブルキニ論争を誰が予測したでしょうか。



    政治体制確立のキモは農業と階級です。



    学部生の頃に読みましたが、大国も没落するということを、豊富なデータと例から導いています。今のアメリカは大丈夫でしょうか。



    テクノロジーがアメリカ人の生活をどのように変えたか、データで解説します。概要版もあります。



    立ち読みで買って紙の本を買いましたが、地政学入門書として面白いです。中東の部分が興味深いですね。



    ユーロの問題点をここまではっきりと指摘した本はないのではないでしょうか。経済学の基礎的な知識があればわかります。原因は「理論」ではなく「文化」の問題だったのです。



    EU離脱派のボリスの本です。チャーチルの欧州感がわかります。浪費家だったのも面白いですね。私は彼の家に行きましたが晩年は維持費を払うのが大変だったそうです。

    <社会学>



    ロンドンの一般の人を描いたルポです。ただし出てくる人は多国籍多人種。人口の4割が他の国生まれという現実を反映しています。



    戦後すぐにニューヨーカーに掲載された記事をまとめたものです。筆者は広島に行き、被害者に実際にインタビューしています。日本では検閲があったためアメリカで発表することになり大反響を呼びました。美しい英語です。

    <科学>



    AIが働き方をどのように変えていくか。人間は創造的な活動に時間を費やせるようになるでしょう。

    <文学>



    原書でも読みやすいので中級者は挑戦して下さい。元諜報勤務だっただけあり内容がリアルですね。



    登場人物の心の描写が美しいです。映画より原作がオススメ。恐ろしい話です。



    日本で出ている広島関係の本には書いてないことが取材されているのが興味深いです。文体が美しい。



    プライム会員の方はKindle Fireがクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFFです。実質4980円と激安です!我が家にもありますが、手持ちにぴったりなサイズで読書には最適。映画のダンロードが高速ですし、外付けのSDカードにも保存できるのが助かります。(iPadはできないのが痛い!)子供向けのアプリや動画も豊富ですので子守にも最適です。(超活用中)ちょっとしたウェブのブラウジングとか調べ物、メールならこれあればPCいりません。プライムビデオは懐かしの邦画やアニメがあるのも気に入ってます。英語圏だとマニアックなドキュメンタリーがあったりするのもグー。

    故障と浸水保証が別売りで激安なのも気に入ってます。(こんな安いプラン他社ではなし)充電に時間がかかるのでアンカーの急速充電器必須です。SDカードは壊れる可能性もあるので、若干容量小さめのにしてます。カバーはこの子供用のがすこぶる便利です。我が家は息子用に買いましたが、便利なため大人用にも購入。スタンドがついてて立てるのが楽。しかも持ち運び便利。手触りもいいですよ。



    【Kindleオススメ】「NHK 100分de名著 シリーズ 「ブッダ 真理のことば」等忙しい方に最適な要約版

    「100分de名著」シリーズは、哲学書から経営書まで、古典の名著がコンパクトにまとまっているので、忙しいサラリーマンにぴったりです。NHKだけあって先生方が一流なのも素晴らしいです。こういうコンテンツが格安で手に入る日本の消費者は恵まれています。英語圏だと要約本はあまりないですし、原書も一冊8千円とか3千円ぐらいする上に、テレビの教育ちゃんねるでこんなものはやらないんです!日本の強さはこういうコンテンツが大衆にも届きやすいこと、学びたいと思う人が大勢いることですね。



    原始仏教に関してわかりやすく解説されてます。釈迦の言葉にはこのような意味があったのです。



    ドラッガーは、欧州の経営学者とかビジネスマンの間では無名です。なぜか日本では大人気ですが、ドラッガー氏がユダヤ人であり、日本の経営の「仕組み」を研究していたことが関係あるのでしょう。日本の経営を絶賛している部分は時代遅れになってしまっていますが、氏の著書には良いことも書いてありますのでオススメです。



    ニーチェの要約をさくっと読めるのがいいです。早い人なら30分で読めます。



    サルトルは難解ですのでこちらをオススメします。



    キリスト教徒の対比など解説が丁寧で良いです。



    こういう解説書を待っていました!仏教用語の解説も素晴らしい。



    原著の「夜と霧」は体験談として書かれているので、こういう解説書は助かります・



    カントの原著の翻訳版は薄いのですぐに読めるのですが、解説があると理解が深まります。カント自身の人なりも興味深いですよ。(知るとドン引きかも)



    プライム会員の方はKindle Fireがクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFFです。実質4980円と激安です!我が家にもありますが、手持ちにぴったりなサイズで読書には最適。映画のダンロードが高速ですし、外付けのSDカードにも保存できるのが助かります。(iPadはできないのが痛い!)子供向けのアプリや動画も豊富ですので子守にも最適です。(超活用中)ちょっとしたウェブのブラウジングとか調べ物、メールならこれあればPCいりません。プライムビデオは懐かしの邦画やアニメがあるのも気に入ってます。英語圏だとマニアックなドキュメンタリーがあったりするのもグー。

    故障と浸水保証が別売りで激安なのも気に入ってます。(こんな安いプラン他社ではなし)充電に時間がかかるのでアンカーの急速充電器必須です。SDカードは壊れる可能性もあるので、若干容量小さめのにしてます。カバーはこの子供用のがすこぶる便利です。我が家は息子用に買いましたが、便利なため大人用にも購入。スタンドがついてて立てるのが楽。しかも持ち運び便利。手触りもいいですよ。


    メルマガ
    初月無料。ブログや連載で書けないお話&英語のお勉強 ライブドア まぐまぐ!
    わたしの本
    お問い合わせ
    執筆および取材、塾に関するお問い合わせはこちらまで

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter
    最新記事
    カテゴリ
    全記事

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。